クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』、全米公開が再び延期

クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』、全米公開が再び延期

クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』の全米公開日が再び延期となった。当初の7月17日から一時は同月31日に延期されていた同大作映画だが、今回さらに8月12日まで延期することが発表された。

ワーナー・ブラザースはこう発表している。「ワーナー・ブラザースは『TENET テネット』を劇場公開するために最善を尽くしています。映画館側の準備が整い、公共保険機関からゴーサインが出た際にはビッグスクリーンでお届けするつもりです」「現状で必要とされているのは、フレキシブルさですので、弊社は通常の公開映画とは異なる扱いをしています」

また、公開10周年を記念してノーラン監督の『インセプション』も再リリースが予定されているが、そちらも7月31日まで延期されている。

ロバート・パティソン、クレマンス・ポエジー、エリザベス・デビッキ、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナーらが出演する同作は、日本では9月18日に公開予定だ。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ