妊活中あるある!こんな時はどうしたらいい?

妊活中あるある!こんな時はどうしたらいい?

女性が社会進出したことにより、高齢出産をする女性が増加傾向にあります。これによって「妊活」という言葉が生まれました。妊活とは、妊娠について正しい知識を身につけたり、自分の身体の状態を把握したりするなど、妊娠するために行う […]

女性が社会進出したことにより、高齢出産をする女性が増加傾向にあります。これによって「妊活」という言葉が生まれました。妊活とは、妊娠について正しい知識を身につけたり、自分の身体の状態を把握したりするなど、妊娠するために行う活動のことです。
妊活中は、いろいろな問題が起こるものです。妊活をすぐに終えることができた人はいいですが、あまり長引くようだとつらい思いをすることも多いかもしれません。具体的にどのような問題が起こるのかを見ていきましょう。

妊活中はいいことも嫌なこともあって当たり前



妊活中は、妊活が生活の中心となっている人は少なくありません。このような人はなかなか妊娠できないというだけで、まるで毎日の生活で起こるすべてのことが、嫌なことであるかのような気持ちになってしまいがちです。しかし、よく思い出してください。妊活を始める前は、いつもいいことばかり起こっていたでしょうか。きっと悪いことだって、たくさん起こっていたはずです。人生は、いいことも悪いこともあって当たり前です。そのことを思い出せたら、気が楽になるでしょう。

妊活中に気を付けた方がいいことは?

妊活中、女性は「自分は頑張っているのに、パートナーは頑張ってくれない」という不満を抱いてしまいがちです。しかし、パートナーへの不満を溜め込んだり、けんかをしたりしてしまうと、ストレスを感じるようになります。ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れ、子宮や卵巣へ大きな悪影響を及ぼし、結果的に妊娠しづらくなってしまいます。夫婦とはいえ別々の人間ですから、妊活に関して温度差があるのは仕方ありません。また、仕事が忙しかったり体調が優れなかったりと、男性側にも事情があります。妊活中はパートナーのいいところにいつも以上に目を向け、夫婦仲を良好に保ち続けることが大切です。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?