重宝します!サイズアウトしたおむつの意外な活用法

重宝します!サイズアウトしたおむつの意外な活用法

経血量の多い生理2日目の夜におむつを使用。何の問題もなく使えました。むしろナプキンよりサイズが大きいので安心感があります。ドライブ中など、子どもが急にトイレに行きたくなったときは大変です。レジ袋におむつを敷いておしっこをさせます。また、おむつはぞうきん代わりにもなるのです!たくさんの結露を吸い取ってくれます。

みなさんは、サイズアウトしたおむつをどうしていますか?まわりに譲る相手がいる、未開封品のおむつであればフリマなどで売っている、なんて方もいることでしょう。わが家では、サイズアウトしたおむつを意外な場面で活用しています。今回はその一例をご紹介します!

吸収力ばつぐん!夜用ナプキンとして

みなさんご存じのとおり、おむつは吸収性に優れています。最長12時間吸収と記載されているメーカー品もあるほど。あれだけの排泄物を吸収してしまうのですから、生理中のナプキンとしても使えるのでは?と考えたのです。

経血量の多い生理2日目の夜に使用。初体験はドキドキしましたが、使ってみると何の問題もなし。経血が漏れることもありませんでした。むしろナプキンよりサイズが大きいので安心感があります。

車に常備!緊急時の簡易トイレに

現在、わが子は3歳と6歳。日中のおもらしをする心配はありません。しかしドライブ中など、急にトイレに行きたくなったときは大変です。とくに3歳の娘はトイレをがまんすることが難しい……。

そんな緊急時のために常備しているのが、サイズアウトしたおむつです。ビニール袋の中におむつを敷いておしっこをさせます。きちんと尿を吸収し、外に漏れる心配もありませんでした。災害時の簡易トイレとしても活躍すると感じました。

関連記事:

ピックアップ

「ナプキン貸して」また?何でも貸してと言う友人。そこには悲しい理由があって…
何かの病気!?急に白米しか食べなくなった娘。偏食に悩む私を救ったのは…
「頑張ってるな♡」まさか最後になるなんて。思い出す彼女との会話は…
痛み、吐き気、病み…こんなにも苦しい。「女の子の日ツラすぎ」マンガが共感しかない