100均でも♪成長に応じたおもちゃ収納術&おすすめ収納アイテム

100均でも♪成長に応じたおもちゃ収納術&おすすめ収納アイテム

どんどん増え続けるおもちゃの収納は悩みの種ですよね。1歳ごろまでのおもちゃ収納術&アイテムでおすすめなのが、大きなおもちゃ箱になんでも入れてしまう「ざっくり収納術」。1歳から2歳ごろには、100均のカゴなどのアイテムを使った「種類別収納術」。急なお客さまにもあわてないですむ「布カバー収納術」もおすすめですよ!

子どもが大きくなるにつれて、どんどん増え続けるおもちゃの収納は悩みの種ですよね。ふと気が付けば、リビングのあちこちにおもちゃが散乱ということも。

今回は、子どもの成長に応じたおもちゃの収納術や、お役立ちのアイテムをご紹介します。

1歳ごろまでのおもちゃ収納術&アイテム

よちよち歩きができるようになる1歳ごろまでのおすすめは、大きなおもちゃ箱になんでも入れてしまう「ざっくり収納術」です。100均などのボックスを使ってもいいですし、専用のおもちゃ箱を使ってもいいですね。

よちよち歩きができるようになると、自分でおもちゃ箱の中におもちゃをポイッと入れる「お片付け」もできるようになるので、遊んだあとにゲーム感覚で一緒にお片付けするのもおすすめです。

1歳ごろからのおもちゃ収納術&アイテム

1歳から2歳ごろになると、おままごとセットや、お人形遊びのグッズなど、いろいろな種類のおもちゃが増えてきます。

この時期におすすめなのが、100均のカゴや、洗濯ネットなどのアイテムを使った「種類別収納術」です。ぬいぐるみはこのカゴ、おままごとセットはこのカゴといった具合に、大まかな種類に分けて収納すると、次に遊ぶときにもサッと取り出せて便利ですよ。

関連記事:

ピックアップ

「風呂は5分で上がれ!」超せっかちな夫の強要。5年間お互いを理解し合えなかった夫婦の行く先とは…
「いなくなったら悲しいよ…」涙を流す母を前に、息子は…#小2の息子がプチ家出9
「シャンプーのたびごっそり」意外と多い「産後の抜け毛」割合は?驚愕のエピソードとは?
「友達やめていいよ」お菓子を持っていかないと遊ばないと言われた息子が…#子どもの友だちがわが家で…小学生トラブル編 5