言動にイラッ!妊娠中にムカつく夫のダメ行動とは

言動にイラッ!妊娠中にムカつく夫のダメ行動とは

妊娠中に夫がやりがちな3つの言動をご紹介します。1つ目は家事を手伝わない、2つ目はお酒やたばこの配慮がない、3つ目はデリカシーがない。特に、デリカシーのないパパの言葉でママたちが傷ついていることがあります。何をしていいかわからないという人は、「困っていることはない?」「何でも言ってね」と言葉をかけてくれるだけで、ママは気持ちがラクになります。

待望の赤ちゃんを授かったのに、妊娠中に夫婦関係がギスギスしててしまうことも。妊娠中はホルモンのバランスが崩れているため、女性はイライラしやすい状態にあります。では、実際どんな言動にイライラしているのでしょうか?

家事を手伝わない!

つわり中は料理ができないだけでなく、だるくて家事全般ができなくなることも。また、おなかが大きくなると、お風呂そうじやトイレそうじなどの体勢がつらくなります。そんなときには「無理しなくていいよ」と言うだけでなく、パパができることは率先して行いましょう。

間違っても「最近、家の中が散らかってない?」とか、「料理が適当すぎるんだけど」などはNG。適当な料理を食べたくないなら、スマートに「今日は外食にしよう!」「おかずは買って帰ってくるから」などと言うのがベストです。もちろん好みは聞いてあげてくださいね。

お酒やたばこに配慮がない!

妊娠したらお酒やたばこはNG。今までアルコールが大好きだったり、愛煙家だったママもやめざるを得ません。そんな中、目の前でおいしそうにビールをグビグビ飲まれたり、プカプカたばこを吸われたりしたらどんな気持ちだと思いますか?

お酒の場合は、ひと言「飲んでもいいかな」と聞いてみてはいかがでしょうか?たばこに関しては、これを機会にパパも禁煙をおすすめしますが、最低でも家で吸うのはやめましょう。副流煙もおなかの赤ちゃんに影響を及ぼすおそれがあります。

関連記事:

ピックアップ

〈子宮外妊娠〉「痛い!」緊急手術が終了。目が覚めると、ある部分に激痛が…!
「鼻にラムネが!!」3人目の子育てで初めて経験した予想外の冷や汗体験
<ヤバイ義従姉> 「ちょっと話せるか?」不倫事件から数年後。親戚の集まりで相手の夫と再び再会し…
<騒音トラブル>騒音を出しているのは隣人なのに、なぜ私たちが我慢するの…?