1歳児を言葉でしかって伝わるの?保育士ママが気を付けていること

1歳児を言葉でしかって伝わるの?保育士ママが気を付けていること

言葉がまだあまり理解できないころの子どもをしかることは意味があるのか、保育士という資格があってもとても悩みました。そして悩みながら、しからなくていい環境づくりをすること、しかるとしても短く簡潔に伝え、“こわいイメージ”を残さないようにすることを心がけるようになりました。

まだ言葉をあまり理解できないころの子どもを言葉でしかることって意味があるの?そう悩むママも多いのではないでしょうか。保育士という資格がある筆者も、子育てをしながらどう伝えたらいいのか毎日悩んでいました。悩みながら、私がわが子にどう接していたかをお話しします。

怒るとしかるって何が違う?

「怒る」は感情的になること、「しかる」は理論的に伝えることだといわれています。

たとえば、子どもが机にのぼったとき、「どうしてそういうことするの!」と怒鳴って“怒る”よりも、「落ちたら危ないからやめなさい」と、なぜそうしてはいけないのかの理由と一緒にしかるほうが、子どもに伝わりやすいと感じませんか?ただただ怒ることは、子どもに恐怖心を与えるだけになってしまうかもしれません。

言葉でしかって伝わるの?

そうはいっても、子どもがまだ言葉をちゃんと理解できないころは、言葉でしかって100%を伝えることは難しいと思います。そこで私は、まずはしからなくていい環境をつくること、そうさせてしまった状況によくない点があったと考えるようにしました。

机の上のコップを子どもがこぼしても、“こぼした子ども”ではなく、”子どもが触れるところにコップを置いておいたこと”がよくないと思うようにしました。そうするだけで子どもを責めないで済むからです。

関連記事:

ピックアップ

大手共通ポイントと交換可能な「節電ポイント」って?今すぐできる節電方法もFPが伝授
「不安的中…!」ショック!オシャレなホテルでお楽しみッ♪♪のはずが…
〈子宮外妊娠〉「痛い!」緊急手術が終了。目が覚めると、ある部分に激痛が…!
「鼻にラムネが!!」3人目の子育てで初めて経験した予想外の冷や汗体験