生理で寒気を感じるのは私だけ?どうやって対処したらいいの?

生理で寒気を感じるのは私だけ?どうやって対処したらいいの?

生理前になると寒気を感じ、何かの病気じゃないかと心配になることもあるでしょう。人によっては、症状が重く体にだるさを感じたり、微熱や吐き気などいくつかの症状が重なったりということもあります。このような生理前の寒気を何とかし […]

病院に行った方がいいのはどんなとき?

生理前で寒気を感じているだけと思っていたら、実は違っていたということもあります。生理前の寒気や微熱は、生理が始まり黄体ホルモンが減少するとすっきり良くなるのが特徴です。そのため、生理が始まって数日しても寒気がおさまらないときは、風邪などほかの原因が考えられます。また、体温が一気に1度以上あがり寒気を感じるときは風邪の可能性が高いでしょう。無理をせず、病院で診察してもらうのがおすすめです。もし、妊娠の可能性がある場合の寒気は、妊娠初期症状という可能性もあります。妊娠すると、子宮に血液や栄養分が集中します。それによって脳へ送られる血液が減少、低血圧を引き起こし、寒気を感じることがあるのです。妊娠の場合、風邪と勘違いして薬を飲んでしまうと赤ちゃんに悪影響を与えることもあるので、自己判断しないことが大事です。

まとめ

生理前はホルモンバランスが乱れやすい時期でもあります。日ごろからストレスを溜めないような生活習慣を身につけるよう心がけましょう。なるべく意識的に休憩をとったり、ハーブなどの入浴剤を使ってお風呂に入ってゆっくりリラックスするのも効果的です。
基礎体温をつけても、生理前に関係なく寒気を感じたり異変を感じる場合は無理をせず、病院で診察してもらいましょう。

配信元

カラダのキモチ
カラダのキモチ
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?