【子どものお金のウソ・ホント】教育費の準備に学資保険は必要なの?

【子どものお金のウソ・ホント】教育費の準備に学資保険は必要なの?

学資保険は教育費準備の方法としてひとつの選択肢ですが、すべてにおいて優れているわけではありません。学資保険に加入すると、強制的に決まった金額を貯めることができます。一方で、満期前に解約すると元本割れする可能性が高いです。メリットとデメリットを知ったうえで、加入するほうがいいのかを考えましょう。

「子どもの教育費の準備で、学資保険に入ったほうがいいのですか?」というご相談を多くお受けします。学資保険は教育費準備の方法としてひとつの選択肢ですが、すべてにおいて優れているわけではありません。そのため、ご自身にあったものかどうかご判断のうえ、加入を検討してみましょう。

学資保険はどんな保険?

こども保険などの名称の保険会社もありますが、学資保険は、毎月(1年毎や半年毎も可能)保険料を支払い、子どもがある年齢になったらお祝い金や満期保険金などの名目でまとまった金額を受け取ることができる保険です。お祝い金や満期保険金の受取時期は、小・中・高・大学入学時期の複数回にわたるものや、17歳または18歳に一度に受け取るものなど、プランもいくつかあります。

学資保険の主なメリット

学資保険の主なメリットは以下の3点です。

1. 毎月決まった金額を強制的に貯めることができる

毎月口座振替や給与天引きなどで保険料が支払われ、普通預金などとは別の場所に貯めることができる。生活費などと混在して、教育費が貯まっていない状況を防ぎます。

2.満期まで継続すれば、現在の定期預金を継続するより多くの金額が戻ってくる

保険会社やプランにもよりますが、2016年10月時点での学資保険は返戻率が105~110%程度になるものもあります。ネットバンクの定期預金で高金利のものを選んでも年利0.2%程度なので、18年積み立てた場合の返戻率は税引き後で101.5%程度となります。

3.親の死亡時には、保険料を払わず貯蓄が継続できる

保険の機能が小さいものでも、保険料を支払っている親(契約者)が満期を迎える前に亡くなった場合、満期までの保険料が免除されるものがほとんどです。たとえば、毎月1万円保険料を支払っている親が、子どもが10歳時点で亡くなっても、その後の保険料は支払わなくても、お祝い金・満期保険金は予定通り支払われます。

関連記事:

ピックアップ

「断られる?」上から目線!?な私の返事に、彼は黙ったままで…/結婚相談所-夫編-
バァン!自分の思い通りにならず、まさかの行動に…!【保育園のお話 手がかかる子!?編3】
「なるべく安く」で失敗!?最初から電動を買えばよかった⋯搾乳器購入で後悔したこと
3年間で133.2万円も?幼児教育・保育の無償化の概要と注意点をおさらい