アレルギーが心配なママへ!離乳食の始め方・進め方「小麦、小麦製品」

アレルギーが心配なママへ!離乳食の始め方・進め方「小麦、小麦製品」

パンやお菓子、またうどんのような麺類に使われている小麦粉。アレルギーが気になる赤ちゃんの場合、離乳食ではどのように取り入れたらいいのか。今回は、小麦粉ならびに小麦粉を使った製品について、お伝えします。

パンやお菓子、うどんのような麺類に使われている小麦粉。アレルギーが気になる赤ちゃんの場合、離乳食ではどのように取り入れたらいいのでしょうか。今回は、小麦粉ならびに小麦粉を使った食品についてお伝えします。

小麦アレルギーはたんぱく質量で変わる

小麦アレルギーは、グルテンという小麦粉に含まれているたんぱく質の量によって、アレルギー症状を引き起こす強さが決まります。薄力粉、中力粉、強力粉のように、粉の種類によって、グルテンの量も変わります。

なかには、小麦粉が肌に少し触れるだけで、アレルギー症状が出る赤ちゃんもいます。まず食物アレルギーの可能性が少ない米を使ったおかゆからスタートし、アレルギー反応がなければ小麦を試すようにしましょう。

離乳食はうどんから開始

離乳食では、生後6カ月以降を目安に、小麦粉のなかでも中力粉を使っているうどんからスタート。ゆでた麺は弾力があるため、離乳食ではやわらかくなるまでうどんを煮込み、細かく刻んだものを使うようにしましょう。

うどんが食べられるようになったら、そうめんやひやむぎはもちろん、パンも食べることができます。そうめんやひやむぎには塩分が含まれているので、必ず下ゆでをしたものを離乳食に使うこと。またパンは、強力粉のほかにも卵やバターなども含まれています。まず離乳食ではシンプルな食パンから使うようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

医師から突然の飲み物制限!イライラに夫がさらに追い討ちを…【ママならぬ日々36】
「君、ついてるぞ!」えぇっ!?仕事中、男性に突然呼び止められて…
やる気満々で手作りスタイを準備!実際にわが子が生まれると予想外の展開に!?【体験談】
「大きい病院へ!」レバーのようなドロッと経血が!判明したのはまさかの