夜型ベビー急増中!?赤ちゃんの寝つきをよくするために心がけたいこと

夜型ベビー急増中!?赤ちゃんの寝つきをよくするために心がけたいこと

大人の生活に赤ちゃんを巻き込んでしまうケースは少なくないと思います。赤ちゃんの寝つきをよくするため、環境づくりを見直す必要があると感じました。日中に赤ちゃんと一緒にいる場合、できるだけ散歩へ出かけるなど、外遊びを心がけたいですね。個人的にいちばん効果的だと感じているのが「赤ちゃんの生活リズムに合わせる」ことです。

年々、夜型のベビーが増えているといわれています。パパやママの生活リズムに、赤ちゃんが巻き込まれていることも原因のひとつだと思いました。「寝る子は育つ」と言われるほど、睡眠は人間にとって大切な時間です。今回は、赤ちゃんの寝つきをよくするために実践したいポイントをご紹介します。

夜型ベビーが増えている!?

生後6カ月の赤ちゃんが夜型生活になって悩んでいる友人がいました。夫の帰宅が遅く、就寝時間は午前0時をまわるのが当たり前。家族全体の生活は夜型になってしまい、赤ちゃんも巻き添えになっていると言っていました。

大人の生活に赤ちゃんを巻き込んでしまうケースは少なくないと思います。赤ちゃんの寝つきをよくするため、環境づくりを見直す必要があると感じました。

赤ちゃんの寝つきをよくするために

日中赤ちゃんと一緒にいる場合、できるだけ散歩へ出かけるなど外遊びを心がけたいですね。大人でも、日中に太陽の光を浴びると、自然と夜眠たくなるものです。赤ちゃんも同じだと思います。紫外線対策をして外へ出かけましょう。

日中、赤ちゃんが保育園にいる場合は、夜、眠りにつきやすい環境を整えることが大切だと思います。間接照明にしたり添い寝をするなど、寝かしつけの「型」をつくってみましょう。

関連記事:

ピックアップ

「どんどん依存してる…」うつ症状がよくならない。そこで一大決心をし…
「あれ?お口がない」娘の描いた絵に変化が!いつもと様子が違った理由は…
「すっげー出てる」見つめられて…恋の予感!?しかし衝撃的な真実が!
「何してるの!?」2歳の長男が次男の頭にまさかの行為を…!驚愕し、思わず長男に激怒したが⋯