ママ友とのお付き合いが苦痛……ママ友は本当に必要?

ママ友とのお付き合いが苦痛……ママ友は本当に必要?

子育てをしているとママ友との付き合いは切っては切れないもの、と思っているママは少なくないですよね。ママ友となると子どもが関係してくるので、「がまん」しながらお付き合いをしているママさんたちが結構いるようです。ママ友という枠に囚われず、気の合う人と楽しい時間を過ごすということにママ自身が焦点を当てることで、関係性も違ってきますし、子ども自身が「お友だち」との付き合い方を学ぶきっかけになるのではないでしょうか。

こんばんは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。子育てをしていると「ママ友」という存在があらわれますよね。 

ネットではママ友とのトラブル相談が絶えず出ています。自分だけの友だちでもない、同僚でもない、子どもを通じた特殊な関係の「ママ友」。今回は、ママ友について紹介していきますね。

ママ友とのお付き合いが苦痛……ママ友は必要なの?

子育てをしていると、ママ友との付き合いは切っては切れないもの、と思っているママは少なくないですよね。自分だけのお友だちや会社の同僚なら、合わないと思ったら少し距離を置いたり、価値観を擦り合わせたりできるのに、ママ友となると子どもが関係してくるので、「がまん」しながらお付き合いをしているママさんたちが結構いるようです。

もちろん、ママ同士も気が合って良好なお付き合いをしている方も多いのですが、子どもが仲がいいからと言って、必ずしもママとも仲よくなれるわけではありませんよね。

ママ友とのお付き合いは自分のルールを設ける

ママ友とのお付き合いに「苦痛」や「がまん」と感じているならば、ママ友とのお付き合いは自分のルールを設けることをおすすめします。

たとえば、遊びやランチにかけるお小遣いや生活リズムの違いから苦痛を感じているようでしたら、ランチは特別なときだけ、遊ぶのは〇時まで……と、自分のルール決め、ママ友にもそのことを伝えることで、価値観が合うママ友が見つかりやすく、お付き合いがしやすくなりますよ。

関連記事:

ピックアップ

【マクドナルド】やらなきゃ損!ハッピーセットのリラックマ、大人買い続出!今だけお得な注文テクも♡
「ちょ…そのコーデだけは…」お着換えイヤイヤには4タイプ!保育士が伝授するかわしワザとは…?
「なんなんそれ!?」懐かしい…!娘と映画鑑賞中、赤ちゃんのころの名残を発見して萌え♡
<手が出る子>「どうすればいいの…!?」初めて見た息子の姿に困惑。そのワケとは…?