助成があっても出費は増加!妊娠中のお金がない状態に注意

助成があっても出費は増加!妊娠中のお金がない状態に注意

妊娠中のプレママに向けてお金のお話をします。妊娠中の健診費は助成がありますが、すべて無料とはいきません。またそのほかにも、マタニティウェアなどの必需品の購入費や、育児グッズ購入費、帝王切開出産や切迫早産での入院など、出産には思わぬ出費がかさむこともあります。こうした不測の事態にも備えて出産までのお金の計画を立てましょう。

妊娠すると健診費や出産一時金など、助成や手当がもらえる一方で、出費もやはり多くなります。産後「こんなはずじゃなかった!」とならないように、今日は妊娠中にかかるお金についてお伝えします。

育児グッズの出費

初めての出産の場合は、平均で10万円ほどかかるといわれる育児グッズの出費。でも、節約をしたいならここで切り詰めるのも手です。


お下がりやレンタルなどをじょうずに利用する、祖父母からの出産祝い、仲のいい友だちには出産祝いのリクエストをするなどで減らせることもあります。

妊娠中の出費

健診費は助成がありますが、すべて無料とはいかないようです。3〜5万円ほどの追加料金があっても大丈夫なように用意しておきましょう。

マタニティウェアやマタニティインナーの購入費としても3万円ほどかかります。とくにボトムスやインナー、パジャマは必ずと言っていいほど必要になるアイテムなので、お金の準備をしておきましょう。

関連記事:

ピックアップ

無事出産の陰でもう1つの闘い…?!立ち会い出産で緊張しすぎちゃった結果…
「ごめんね…誕生日なのに」優先してあげられない葛藤…ママの罪悪感に共感しかない
「なんで忙しいときに限って」赤ちゃんをおんぶして料理、長男が泣いて…ママの夕方あるあるに胸がギュッとなる
「むしろ同じ女性だから…?」生理が軽い先輩からの冷たいひと言…