乳児期終盤なぜ? 赤ちゃんの授乳回数が増加する理由とは

乳児期終盤なぜ? 赤ちゃんの授乳回数が増加する理由とは

1歳ごろになるとおっぱいよりも離乳食での栄養がメインになるのが普通です。でも離乳食は順調に進んでいるのに、なぜか以前より頻繁におっぱいをほしがるようになることがあります。その理由についてお話しします。赤ちゃんはグンと成長する過渡期に、やたらとおっぱいに執着することがあります。ふと不安になって処理しきれずパンクしてしまいそうなとき、彼らはおっぱいという絶対的安全領域に戻ってきます。

こんにちは、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。生後5カ月ごろからスタートした離乳食。1歳ごろになるとおっぱいよりも離乳食での栄養がメインになるのが普通です。でも離乳食は順調に進んでいるのに、なぜか以前より頻繁におっぱいをほしがるようになる……そんなケースがあります。

成長をするときにおっぱいに執着

なにもかもママに頼らなければ生きていけなかった、ねんねの乳児期前半が終わり、ずりばい、ハイハイ、 つかまり立ち、つたい歩きと、乳児期後半はめまぐるしい勢いで成長していきます。ヨチヨチと一人歩きをする前後から、運動能力、言葉の理解などの急激な発達が見られ、ママのもとから行きたいところへ自力で行くことができるようになります。

ママやおっぱい、内側に向いていた時代は終わり、いよいよ外に向かう気持ちが強くなっていきます。見るもの、聞くもの、触るもの、そのすべてが刺激的で好奇心に満ち溢れた世界!赤ちゃんは、知りたくて学びたくてウズウズしています。そんな、グンと成長する過渡期に、やたらとおっぱいに執着することがあります。

不安解消のための充電がおっぱい

なにか新しいことができるようになったり、意識が外の世界に向いて羽ばたこうとしたりするときに、 ドキドキワクワクと同時に、ふと不安になるのですね。新しい情報が小さな頭の中にインプットされすぎて、あふれかえって処理しきれずパンクしてします。そんなとき、彼らはおっぱいという絶対的安全領域に戻ってきて、心を充電し、明日への活力を得て、再び冒険へと出かけていきます。

関連記事:

ピックアップ

「なんなんそれ!?」懐かしい…!娘と映画鑑賞中、赤ちゃんのころの名残を発見して萌え♡
<手が出る子>「どうすればいいの…!?」初めて見た息子の姿に困惑。そのワケとは…?
<SNSトラブル>「詐欺!?嘘でしょ!?」SNSにハマりすぎて予想外の展開に…!?
<ヤバい義母>「母さん、異常だ…」パパがついた嘘が原因で義母が思いもよらぬ事態を引き起こし…!?