知っておきたい!子どもの年齢とともにかかるお金 【小・中学生編】

知っておきたい!子どもの年齢とともにかかるお金 【小・中学生編】

小・中学生の子育てにかかる費用と傾向についてお話します。内閣府の調査によると、小・中学生の子育て費用は年々上昇していく傾向にあります。生活費や教育費にかかる金額が増えてくるにつれ、子どものための預貯金は小学生未満のときに比べて減少傾向にあります。中学校卒業まで支給される児童手当をうまく生かして、計画的に将来の学費を貯蓄しましょう。

前回は、0歳~6歳までの子育て費用の平均額と傾向についてお伝えしました。今回は、小・中学生の子育て費用の平均額と傾向についてお伝えしていきます。

中学生の平均子育て費用は月約13万円

【第1子一人当たりの費目別年間子育て費用額】

※『内閣府・平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査』より著者作成

少し古いデータですが、『内閣府・平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査』によりますと、小学1年生の平均年間子育て費用は約112万円、小学6年生で約127万円、中学1年生で約153万円、中学3年生で約161万円となり、小学2年生以外は学年が上がるたびに上昇する傾向です。中学生の3年間をまとめると、月の平均額が約13万円になります。詳細は上記の表を参考にしてくださいね。

小学生も中学生も1年生は準備金が必要!

小学1年生と中学1年生は、学用品をある程度まとめてそろえる必要があるので、学校教育費がほかの学年より高い傾向にあります。また、中学生は小学生に比べて、私立学校に行く比率が上がるので、小学生より学校教育費が高くなる傾向にあります。

学校教育費は私立学校に通っている子どもと、通っていない子ども両方を含めての平均額ですので、私立学校に通っている方はさらに多くかかるケースがほとんどです。

関連記事:

ピックアップ

<女性特有トラブル>「治療は別の病院で」ええ〜!?大パニックで何も考えられなくて…
「愛せるのか…」不安と葛藤があった特別養子縁組。わが子に会った瞬間、私は…【新しい家族のカタチ】
<SNSトラブル>「同情でいいねがもらえる!」コメントの影響でママがとんでもないことを…!?
<PTAトラブル>「転勤決まるまでPTAの役員できるでしょ?」ビシッと言われたママたちが…