自立も早くなる!?赤ちゃんとのスキンシップでママが大切にしたこと

自立も早くなる!?赤ちゃんとのスキンシップでママが大切にしたこと

赤ちゃんとのスキンシップで私が心がけたことは「たくさん抱っこをしてあげること」「コミュニケーションを一緒に楽しむこと」「「大好きだよ」とたくさん伝えること」です。抱っこすると安心して静かにしてくれることも多く、くすぐりながら笑い合ったりなど、一緒に楽しむことでよりいい反応がみられました。また、「大好きだよ」とたくさん伝えていると、子どもからも言ってくれるようになりましたよ。

赤ちゃんとのスキンシップ。赤ちゃんがまだ小さいころはあまり反応もなく、どうしたらいいか悩んでしまうママやパパもいるのではないでしょうか。でも、赤ちゃんが成長するとともに親も成長していくもの。私自身も不思議とコツがわかっていきました。今回は、筆者の育児経験をもとに、赤ちゃんとのスキンシップで心がけたことを3つお伝えします。

たくさん抱っこをしてあげること

赤ちゃんとのスキンシップで心がけたことのひとつは「たくさん抱っこをしてあげること」です。昔は抱きぐせがつくからとあまりすすめられていなかった抱っこですが、現在では反対に「たくさん抱っこしてあげてください」と指導されることも多いと思います。私も、抱っこがいちばんのスキンシップだと感じています。

わが家の子どもたちも、抱っこやおんぶをしている間は安心して落ち着いているようでした。また、これは子どもが大きくなった今も変わりません。忙しくても、子どもたちが甘えたいときには抱っこをしてあげるように心がけています。

コミュニケーションを一緒に楽しむこと

もうひとつ大切にしていたことは、「コミュニケーションを一緒に楽しむこと」です。たとえば、赤ちゃんのおむつ替えのとき。「1、2、1、2!」と、笑顔で声をかけながら赤ちゃんの脚を動かしたり、くすぐって笑い合ったり。

そうすることで、私の表情を見たわが子は、より反応をみせてくれたように思います。「いないいない、ばあ!」もそうですが、オーバーリアクションでコミュニケーションをとると、よく笑ってくれていましたよ!

関連記事:

ピックアップ

<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?
「生理が原因!?」美容メンテがうまくいかなかった理由にビックリ!
「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求