2人目の子育て費用は2倍かからない!子どもの人数とお金

2人目の子育て費用は2倍かからない!子どもの人数とお金

統計によると、人数が増えるにつれ一人当たりの費用が低くなっており、子どもが一人増えたからといって費用が2倍になるわけではありません。児童手当は3人目から小学校卒業までは15,000円に増額され、市区町村によってはお祝い金がもらえるなど、子育て費用の負担を減らすことができる場合も。制度を利用しながら最適なお子さんの人数を考えるきっかけにしてください。

2回にわたって子育て費用について中学生までの年齢別に説明してまいりましたが、第1子にかかる費用の内容でした。2人目はその倍かかると思う方もいらっしゃると思います。実際にはどのくらいになるのか、2人目、3人目にかかる費用についてお伝えします。

2人目は1人目の約80%!3人目は約60%

【1人目、2人目及び3人目の子どもにかける費用の比較】

平成17年『国民生活白書』第3-1-14図より著者修正

今から約10年前のデータですが、平成17年の『国民生活白書』では、総務省『家計調査』を特別に集計して、2人目・3人目の子育て費用を推計しました。実際には、子ども1人世帯、子ども2人世帯、子ども3人世帯の子育て費用をベースに、2人目・3人目にかかった費用を差し引いて計算をしたようです。22年間の子育て費用の総額は、1人目で1302万円、2人目で1052万円(1人目の約80%)、3人目で769万円(1人目の約60%)となりました。


洋服やおもちゃのおさがりを活用!

この金額の推移は、過去に分析された方もいらっしゃいますが、大きく分けて2つの要因があると思います。ひとつは、食費や光熱・水道費のように人数が増えると単純にかかる費用が増えるものがある一方で、上のお子さんのおさがりが使える洋服やおもちゃなどの購入費用が減らせるので、1人目より子育て費用が減らすことができた部分と思われます。
もうひとつは、人数が多くなるために一人あたりにかけることができる費用が少なくなり、結果として2人目・3人目の費用が減った部分もあると思われます。

関連記事:

ピックアップ

「ちょっとキツイ…」プチセレブな保育園に入っちゃった!ママ友付き合いは続けるべき!?
「ブルルル」って旦那氏、何してん!?挙句の果てに人のせいにするとは!
「まさかの小学生レベル!」何か質問は?と聞かれて…/40代婦人科トラブル#33
わが家でうまくいったイヤイヤ対処法!子どものイヤイヤを鎮める方法3選