2人目の子育て費用は2倍かからない!子どもの人数とお金

2人目の子育て費用は2倍かからない!子どもの人数とお金

統計によると、人数が増えるにつれ一人当たりの費用が低くなっており、子どもが一人増えたからといって費用が2倍になるわけではありません。児童手当は3人目から小学校卒業までは15,000円に増額され、市区町村によってはお祝い金がもらえるなど、子育て費用の負担を減らすことができる場合も。制度を利用しながら最適なお子さんの人数を考えるきっかけにしてください。

1人目>3人目ではない

あくまでも統計ですので、単純に全世帯で1人目のお子さんが3人目のお子さんと比べて費用が多くかかったわけではないこともご理解ください。
実際には、一人だけ学費のかかる学校や習いごとなどがなければ、3人お子さんがいる場合には、(1302万円+1052万円+769万円)÷3人=一人あたり1041万円程度かかると考えたほうが自然かと思います。

3人目の児童手当は15,000円

いずれにしても、お子さんがひとり増えたからといって費用が2倍になるわけではありません。児童手当は3人目からは小学校卒業までは15,000円に増額されたり、お住まいの市区町村によっては、お子さんの人数が多いとお祝い金がもらえたり、保育料が割引になることもあります。

家計のやりくりと合わせて子育て費用の負担を減らすことができる場合もあるので、制度をしっかり利用しながら、最適なお子さんの人数を考えるきっかけにしていただければと思います。

著者:ファイナンシャルプランナー 大野 高志

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP。独立系FP事務所・株式会社とし生活設計取締役。教育費・老後資金準備、税や社会保障、住宅ローンや保険の見直し、貯蓄・資産運用等、多角的にライフプランの個別相談を行うとともにセミナー講師として活動しています。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

娘が犬アレルギーと判明!室内犬とうまく過ごすために考えたルールは…
「意識がない…」頭を打った息子のもとに駆け寄ると… #息子が小児顔面神経麻痺になりました 2
「さばかれる!」怯えること2カ月…ついにこの瞬間が!/卵巣嚢腫日記。#18
「子どもを使って奢らせる気だった?」ママ友のあくどいやり方に… #ママ友の財布 13