【体験談】赤ちゃんのときから知っておきたい!お口の中の健康のこと

【体験談】赤ちゃんのときから知っておきたい!お口の中の健康のこと

「生まれたばかりの赤ちゃんの口内には虫歯菌がいない」と講習で聞き、離乳食の時期から赤ちゃんに菌が移らないよう気を付けました。ふとしたはずみに同じスプーンを使ってしまった場合は、食事後しっかり歯磨きをするといいそう。飲食回数と時間も大事で、娘がゆっくり食べていたころに虫歯になり、その後短時間にすると虫歯ができにくくなったと感じました。

規則正しい食生活と定期受診も大事

虫歯を予防するためには、飲食回数と食事時間も重要です。医師いわく、だらだらと食べていると、口の中に食べ物が長く残り、糖が酸にかわって歯を溶かしてしまう可能性もあるとのこと。

わが家でも、長女の食事ペースがゆっくりで時間がかかってしまっていた時期は、食事時間が原因だったのか、やはり虫歯ができてしまいました。そこで、食事をできるだけ短時間にして歯磨きをしっかり心がけたところ、虫歯も少なくなったように感じました。さらに、半年おきに歯科で定期受診をして虫歯予防をしています。

歯科医の間では、1歳半~2歳半ごろがいちばん虫歯菌に感染しやすいと言われているそうです。離乳食が始まったら、お子さんが虫歯にならないよう、できることから気にかけていきましょう。(TEXT:ママライター石原みどり)

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「入籍日に急にDVが始まった…」酒癖の悪いDV夫と離婚、2児のシングルマザーになりました
「女の子を産まないと失格よ」次男を妊娠中、義母に言われた衝撃的な言葉。その後、長男にも影響して…
「私に限って絶対ない」と思っていたのに。上の子に対して強い拒絶反応が…
「何かのお祝い?」ってまさか、義両親は孫の誕生日を忘れてる!?理由はもしかして…