もうポロポロ落ちない!保育士直伝のお食事エプロンがおすすめ♪

もうポロポロ落ちない!保育士直伝のお食事エプロンがおすすめ♪

離乳食が始まっていちばんの憂鬱といえば、食後の食べこぼしの片付けという方も多いのではないでしょうか。せっかくがんばって作ったのに、ぽろぽろ落ちた食べ残しの悲しさ……。そんな食べ残しを少なくするエプロンを保育所で教えていただきました。意外に市販品を見かけないので、作り方と使い方をご紹介します!

使い方のポイント

使うときは輪になったゴムを子どもの首にかけ、反対側をテーブルに敷き、その上に食器を乗せて使います。食器がひっくり返ってしまうのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、子ども用のイスは座っていられるように工夫してあるものも多いので、急に立ち上がったり、なぎ払ったりしない限りは大丈夫です。

食べこぼしをしっかりキャッチし、洗うときは軽く払ってからほかの洗濯物と一緒にカゴにポイ!でOKです。

離乳食のときの食べこぼし、片付けるのが本当に大変ですよね。どうしてここに?と思うほどの場所に飛んだ食べこぼしを見つけたときは、逆に感動してしまうほどです。このエプロンを使い始めて、わが家でも片付けがずいぶん楽になったので、ぜひ試してみてくださいね。(TEXT:ママライター中浦明子)

もうポロポロ落ちない!保育士直伝のお食事エプロンがおすすめ♪ https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/3164 Thu, 09 Nov 2017 22:00:00 +0900 3164
離乳食のエプロン、みなさんはどうしていますか?市販品のプラスチック製や布製は洗いやすくかわいいですが、キャッチしきれずに床が汚れてしまう製品が多いのも事実です。今回ご紹介するエプロンは10分で製作できて、食べこぼしがかなり減った優れもの!ぜひ試してみてくださいね。

用意するもの

用意するものはフェイスタオル1本、ゴムひも50cm、ミシンまたは裁縫道具、ゴム通しまたはヘアピンの4つです。


フェイスタオルはどんなものでもいいですが、すぐに汚れてしまうので洗いやすい生地のもの、もしくは100円均一などで大量に購入できるものがおすすめです。縫う部分はフェイスタオルの片側20cmほどなので、ミシンや手縫いなど、めんどうでない道具を用意してくださいね。

関連記事:

ピックアップ

<ウソつきなママ友>「有毒なものばかり食べさせて」無添加食品の購入を勧めてくるママ友にたまらず…
<浮気トラブル>「どうか離婚だけは…」浮気夫との離婚話を義母が謝るも拒否。するとまさかの発言を…
「転勤族かわいそう」モヤモヤする妻。しかし考え方を変えると…?
「全部僕のせいなんです」母の言葉を遮りきっぱり言い切った夫。そばで悪口を聞いてしまった妻は?