そもそも「参加」ではない!「手伝う」では続かないパパの育児

そもそも「参加」ではない!「手伝う」では続かないパパの育児

パパが育児に参加してくれなくて、イライラしてしまうママも少なくないのではないでしょうか。私も夫がただの傍観者になっていると感じることが多く、そのことにイライラしてまう時もありました。しかし、最近気づいたのは夫に対する自分の言動でした。

パパが育児をしてくれなくて、イライラしてしまうママも少なくないのではないでしょうか。育児中の筆者も、夫はただの傍観者になっていると感じることが多く、そのことにイライラしてしまうときもありました。そんなときに気付いたこと。それは夫に対する自分の考え方と言動でした。

「手伝う」ではうまくいかないパパの育児

生後間もなくはわが家の夫も、子どもが泣いたときの抱っこや沐浴、おむつ替えと、たいていのことはしてくれていました。ところが、次第に子どもの月齢が上がり、やることが増えてくると、子どもの機嫌がいいときにいっしょに遊ぶ程度で、おむつ替えなどのお世話をほとんどしてくれなくなっていきました。

そんな夫にイライラしてしまっていた私はあることに気付いたんです。それは、夫自身が育児を「手伝う」という認識でしていたことで、「やらされている」気持ちになり、子どものお世話を「めんどうだ」と思うようになってしまっていたことでした。

そもそも「参加」ではないことに気付いた

よく育児に参加するパパのことを「イクメン」と呼びますよね。一方、ママのことは何と呼びますか?ママは育児をすることが当たり前で、パパが育児をすることは「スゴイこと」だと思われていることをどう思いますか?

あくまで個人的な意見ではありますが、私は親である以上、パパもママも育児をすることは当たり前だと感じています。いっしょに育児をしていくには、まずはママ自身も、パパに「手伝ってもらう」という考え方をしないことがポイントではないかと気付いたんです。

関連記事:

ピックアップ

<ヤバい義母>「大丈夫?」義母がいよいよ実家へ電話!?実母が心配する驚愕の内容に絶句…
「脱いで!シミになるから!」帰り道でアクシデント!うかつにも脱いでしまい…
<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?