サム・メンデス、劇場関係者に対する経済支援基金を設立

サム・メンデス、劇場関係者に対する経済支援基金を設立

サム・メンデスが、新型コロナウイルスのパンデミックにより多大な打撃を受けている劇場関係者へ向けた基金を設立した。『1917命をかけた伝令』が記憶に新しいメンデス監督は、ネットフリックスからの寄付50万ポンド(約6700万円)をもとに設立した同基金を通し、経済的に困窮し、中には転職も余儀なくされそうになっている演劇従事者を経済的に支援する。

メンデスは、「イギリスでは、何千もの劇場関係者が苦境に立たされています」「その多くの人達は、政府による現存の支援策の助けを得ることが出来ず、状況は悪化の一途を辿っています。彼らは今助けを必要としているのです」と説明する。

同基金は、最も困窮した立場にあるフリーランスの劇場関係者を対象にしており、1人につき最高1000ポンド(約13万円)が支給されるそうで、メンデスは同基金が「違いをもたらす」として、個人や団体に対し寄付を呼び掛けている。

サムはこの基金を可能にしたネットフリックスに対しては「素晴らしい懐の深さとリーダーシップを非常に感謝している」と謝意を示しており、同社オリジナルシリーズのアン・メンサ担当部長は、今回の協力に関し、コラボレーションにより創造性が生まれるとした上で「劇作家や演出家、劇場俳優、パフォーマー、作曲家、コメディアンは、私達の業界の活力源でもあります。ネットフリックスは多くの方々よりも恵まれた位置にありますが、一緒に仕事をする人々の強さで、私達の強さも決まるのです」と話す。

一方で英政府もミュージアムやギャラリー、劇場などの未来を守るべく、支援策に15億7000ポンド(約2110億円)を投じることを発表している。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ