義母との距離感を保つために言わないほうがいい・やらないほうがいいこと

義母との距離感を保つために言わないほうがいい・やらないほうがいいこと

メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラーのカトウ ヒロコさんが、義母との距離感を保つために言わないほうがいいこと・やらないほうがいいことについてお話ししてくれました。良い人に思われようと思わない、わかり合おうと思わないなどのコツを詳しく解説!

夫について言ってくるのはまだ我慢できるにしても、子育てや自分の仕事に対して口出しされるのはちょっと……。家族だけれど家族でもないような、近いけれど遠い存在の義母とうまく距離を保つ方法とは。

良い人に思われようと思わない

良い妻、良い母、良い嫁。距離を置きたいとは思ってはいても、できれば義母にそう思われたいと考えているかもしれません。しかしながら、それはほぼ不可能です。

距離を置きたいと思っている時点で、どこか気が合わない、思考が違うと感じているのだと思いますが、そもそも考え方が異なる人に合わせようと思っても無理が必ず生じますし、頑張って合わせたとしても、それを知ってか知らずか義母は何かしら意見を言ってくるでしょう。そして、そのたびに残念な気持ちになる可能性が高いものです。相手が思う良い人を完全に把握するのも、それを演じ続けるのも無理があります。

義母に良い人に思われようと頑張るのはやめて、自分はこういう人だと相手に受け入れてもらうよう覚悟を決めてしまうほうが、結果的にラクに過ごせることが多くなるはずです。

わかり合おうとは思わない

わかり合えると感じるのであれば、どんどんわかり合うべきですが、年代も育った環境も違うのですから無理にわかり合おうと頑張るのもやめましょう。

好きで結婚した夫でさえ、完全にわかり合うのは難しいのですから、無理にわかり合おうとするのではなく、違う部分を受け入れることに目を向けてみてください。受け入れられる部分が増えれば、わかり合える部分も増えてくるはずです。

関連記事:

ピックアップ

「お前は黙秘権か」日常風景を法廷画っぽくしてみたら厳粛すぎた【法廷画で育児】
「いい加減にしろ!もう別れたい」彼が大激怒!破局危機になった原因は…
「えっ、不正出血?」産後1カ月半。病院へ行くと、まさかの兆候が!
「汚れてるよ!!」おじいさんが大声で叫んだ!周囲の視線が私に集まって…