【体験談】理想の母じゃなくても大丈夫!理想と現実の折り合いのつけ方

【体験談】理想の母じゃなくても大丈夫!理想と現実の折り合いのつけ方

最近ではスマホが定番となり、検索などでかんたんに情報が得られる反面、育児情報に悩まされることも。育児コラムを読んでいると、自分が理想の母親像とかけ離れていると感じ落ち込みました。それでも10年子育てしてみて感じたことは「育児は愛があれば修正できる」ということでした。

私には2歳から10歳までの子どもが4人います。10年前に初めて新生児と対面し、新米ママであっても命を守って育てていかなければいけないプレッシャーに晒されつつも子どもを育ててきました。

理想とされる育児法は世の中にあふれています。10年間子育てをしてきて、私が感じた理想と現実の折り合いのつけ方についてお話しします。

ネット社会と育児

第一子を産んだ10年前はスマホもなく、パソコンを開いてネットにつながる状況でした。そんななかで私は、大学で学んできた小児心理学・発達心理学・教育心理学などの知識を生かしながら必死に子育てをしていました。

それがあっという間にスマホが定番となり、今では手元の画面を見れば情報を得ることができます。かんたんに情報を検索できるなど、便利な反面、世にあふれる育児情報に悩まされることも増えていました。

理想の母親像とかけ離れている自分

スマホで育児コラムなどを読んでいて目にするのは、「親は一貫性が大事」「大声・感情でしからない」など、現実の私とは正反対の理想的な育児のことばかり。

生理や病気のときなど、気持ちが不安定なときには、どうしても感情が先走ってしまい、イライラしてしまうこともあります。ネットを見ていると、世の中には完ぺきで理想的な母親ばかりがいるような気がして、自分がダメな母親に思えることも少なからずありました。

関連記事:

ピックアップ

「し、しりがっ!」ちょっと聞いてない!痛すぎて人生で初めて気絶、まさかの理由は?
おむつポーチに入れておくべし!一緒に持ち歩くと便利な「おむつ・おしりふき以外のグッズ」3選
<産後のPMS>「人間として大丈夫?」抑えきれない!産後の不調じゃ済ませられないほどで…
〈子宮外妊娠〉「げっ。なぜ急に?」救急車で大病院へ搬送される直前、まさかの出来事が!