スキー場に赤ちゃんを連れていけるのはいつから?

スキー場に赤ちゃんを連れていけるのはいつから?

赤ちゃんをスキー場に連れて行けるのはいつからお伝えします。最近のスキー場では、ゲレンデの一部をちびっこスペースにしているところも多くあります。ですので、よちよち歩きのできる1歳ごろからスキー場デビューができます。行くときには防寒グッズとしてスキーウェアとスノーブーツは用意しておきましょう。

冬といえば、スキーやスノーボードの季節ですね。でも、赤ちゃんがいると、出産前のように気軽には行きにくくなるもの。赤ちゃんはいつからスキー場に行ってもいいのでしょうか?

雪遊びができるのは1歳くらいから

赤ちゃんのスキー場デビューに適しているのは、歩き始めるようになる1歳くらいから。歩くことができれば、雪遊びが楽しめるからです。ファミリー向けのスキー場ではゲレンデの一角に子ども専用スペースを設け、ちびっこも安全に雪遊びを楽しめるように配慮しています。

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんでも雪の上にころんと寝転んだり、スコップやバケツを使って砂場のように遊んだり、ソリに乗ったりと、いろいろな楽しみ方ができます。

雪が染み込まないウエアやブーツを

スキー場は当たり前ですが寒いので、赤ちゃんにもしっかり防寒対策をしなければいけません。とくに、赤ちゃんは体中を使って遊ぶので、雪が入りにくいように「つなぎ」になっているスノーウエアがおすすめ。スキー場とはいえ晴れていると汗をかくこともあるので、ウエアの中に着るものも調整しやすいように、薄手のもの、厚手のものを何枚か持っていくと安心です。

あとは雪遊び用の手袋と耳が隠れる帽子をお忘れなく。また、意外と見落としがちなのが足もと。ムートンブーツや長靴では雪が染み込むおそれがあるので、雪遊びに適したスノーブーツを履かせましょう。

関連記事:

ピックアップ

「し、しりがっ!」ちょっと聞いてない!痛すぎて人生で初めて気絶、まさかの理由は?
おむつポーチに入れておくべし!一緒に持ち歩くと便利な「おむつ・おしりふき以外のグッズ」3選
<産後のPMS>「人間として大丈夫?」抑えきれない!産後の不調じゃ済ませられないほどで…
〈子宮外妊娠〉「げっ。なぜ急に?」救急車で大病院へ搬送される直前、まさかの出来事が!