苦労した?すんなり卒業?先輩ママに聞いた断乳・卒乳体験談

苦労した?すんなり卒業?先輩ママに聞いた断乳・卒乳体験談

「子どもから自然に卒乳した」と話す友人がいました。ときが来ればあっけなくおっぱいを卒業できるケースもあるんですね。乳首にカットバンを貼って子どもに見せた体験談も。子どもながらに「痛そう」と感じたのか、おっぱいを求めてこなくなったそうです。泣く子どもを見て何度も心が折れてしまう友人は、夫の協力を得て断乳を実行しました。

授乳が体力的につらい、職場復帰など、さまざまな理由で断乳を考えるママもいることでしょう。ママの意思でやめようとしたものの大変苦労した、あるアイデアですんなり卒業できたなど、まわりからいろいろな話を聞きます。今回は、先輩ママたちの断乳・卒乳体験談をお伝えします。

「子どもからすんなり卒乳した」

「子どもから自然に卒乳した」と話す友人がいました。当時1歳2カ月。食べることが大好きな子で、だんだんと食後や日中におっぱいを求めることが減ってきたと言います。

思い出したかのようにおっぱいを求めてくる日もあったようですが、自然と卒乳に成功したと言っていました。ときが来ればあっけなくおっぱいを卒業できるケースもあるんですね。筆者にとってはとてもうらやましい話でした。

「ばんそうこうを貼って計画的に断乳した」

まわりからさまざまな断乳・卒乳エピソードを聞きますが、なかでも印象的だったのが乳首にばんそうこうを貼った話です。職場復帰のため、1歳6カ月で断乳しようと決めた友人は、断乳の1カ月前からわが子におっぱいをやめることを伝えたようです。

断乳実行日には乳首にばんそうこうを貼り、「痛いよ~」と子どもに見せたとか。そうすると子どもながらに「痛そう」と感じたのか、おっぱいを求めてこなくなったそうです。

関連記事:

ピックアップ

「どこで覚えたん!?」娘のボキャブラリーが偏りまくってる話【初めてのセリフ】
パニック!私の髪、どうなっちゃうの!?産後の抜け毛に奮闘する日々【ママの体験談】
「いやだな…」ついに入院!手術説明を聞いてたら…/子宮頸がん手術11
「まさか奥さんに言ってないよね?」絶対言っちゃダメな言葉を伝えた事実が発覚して… #僕と帰ってこない妻 56