日常生活でできる「冷え」の改善法

日常生活でできる「冷え」の改善法

冷えた体は、健康面だけでなく、見た目にも大きく影響します。「露出度多めのファッション」「いつも生足」「冷たいドリンクやアイスが大好き!」。こうした生活を続けていると、10年後には顔色や唇の色がくすみがちになり、目の下のク […]

冷えた体は、健康面だけでなく、見た目にも大きく影響します。「露出度多めのファッション」「いつも生足」「冷たいドリンクやアイスが大好き!」。こうした生活を続けていると、10年後には顔色や唇の色がくすみがちになり、目の下のクマや髪のパサつきが目立つように。

一方、首元にはストール、身体を冷やさない服装を心がけ、暖かい飲み物をとっている女性は、肌ツヤも顔色も良い状態をキープして、10 年後も若々しくいられるはず!もちろん、体の中の状態も違います。これから紹介する5つの生活習慣で、冷えの予防、解消を行いましょう。

①体を温める食べもの飲みものをチョイス

体を冷やす代表は、冷たい飲み物や食べ物。他にも、夏に収穫される「夏野菜」は体の熱を取るので、寒い時期は避けて。また、うどんやパンなど、精製された穀類で作られた白い食べ物は体を冷やすので、とり過ぎに注意を。

一方、冬に収穫されるごぼうやにんじんなどの「根菜類」、しょうがやとうがらしなどの「香味野菜」は体を温める食材とされています。また、タンパク質を含む肉や赤身の魚、卵も、体の熱を作る材料になるのでオススメです。

②くびれを冷やさない服装を心がける

首、手首、ウエスト、足首など、体の中でも“くびれている場所”には血管が集まっています。ここを冷やさないために、露出はNG。ストールやレッグウォーマーなどで保温を心がけましょう。また、薄着の服装や、体を締めつけるような下着、指先を圧迫する先細のヒール、素足を出す靴は冷えの原因になります。足首を蒸らさない5本指靴下もオススメです。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?