夏の万能カラー!「ブラック」を涼やかに着こなすコツ3つ

夏の万能カラー!「ブラック」を涼やかに着こなすコツ3つ

本連載「プチプラで楽しむファッションコーデ術」では、毎朝のヒントとなるような「プチプラコーディネート術」をお届けします♪

おはようございます。パーソナルスタイリストの高橋 愛です。

関東は早ければ来週あたりに梅雨明けといわれていますね。ずっと雨続きなので太陽が恋しいとはいえ、夏本番となると一気に暑くなりそう…。そう考えると、少しグッタリしてしまいますが、「夏ならではのおしゃれを楽しもう!」なんて気持ちで、暑さを上手に乗り切っていきましょう!

さて、皆さんは、夏にどんなカラーのお洋服を着ることが多いですか?私は結構「ブラック」を手に取る頻度が高めなんです。黒は、暑苦しい印象があると思われがちですが、着方によって清涼感あるコーデになる万能カラーなんです!

今日は、夏に「ブラック」を着こなすコツをお伝えします。

【Vol.1】分量を少なくする

夏にブラックを着る時のコツ。1番カンタンなのが、「使う分量を少なくする」ことです。

黒に限らずですが、重く見えるカラーの分量をなるべく少なくしてあげることで、暑く見えてしまうのを回避できます。

ノースリーブのトップスに抵抗がある方は、カーディガンをかけてカバーしてあげても◎その時のカーディガンは、なるべく明るいカラーにするのがおすすめ。涼しげにブラックを着こなせますよ。

【Vol.2】涼しい素材を選ぶ

夏に黒を着るときの2つめのポイントは、素材の選び方にあります。分量の多いブラックのワンピースでも、涼しい素材を選ぶと、見え方が違ってきて、涼やかな雰囲気を出せます。

具体的には、楊柳やガーゼ、ローン素材など「透け感」があるものを選ぶと、ブラックでも軽やかさが出てきます。

また、ブラックの分量が多い時は出来るだけ、コーディネート自体をあっさりまとめるのがベター。色々盛らず、スッキリ着てみるのがオススメです。

関連記事:

ピックアップ

朝の体に栄養チャージ!お悩み別「3色スムージー」簡単レシピ♪
マスクの日も安心!汗をかいても落ちない「眉メイク」ポイント3つ
3回だけでリラックス♪ストレスを吐き出す「デトックス呼吸法」
ご飯が進む生姜焼き味!「油揚げの肉巻き」「なすピーマンの味噌おかか」2品弁当