ライリー・キーオ、弟の死後初めて口を開く

ライリー・キーオ、弟の死後初めて口を開く

ライリー・キーオ(31)が弟ベンジャミン・キーオの死について初めて口を開いた。エルヴィス・プレスリーを祖父に持つ姉弟だが、先日ベンジャミンが銃弾による自殺で若干27歳にしてこの世を去ったことを受け、ライリーは信じられない気持ちで一杯だという胸中をインスタグラムに綴った。

「朝が一番辛い。あなたがいなくなってしまったことを忘れているから。2度と止められなくなるかもしれない恐れから泣くことはできない。私にとって新しい痛み」「あなた。あなたを表す言葉などない。天使という言葉が思いつく中で一番近いもの。ピュアな光。弟。親友。ワイルドな人間。知的。私の人生の目撃者。双子の魂。後援者。この厳しい世界を終えるには繊細過ぎた。私の心に空いたこの巨大な穴に耐えられる強さをあなたがくれることを願っている。何か食べる強さをくれることを。そして、あなたが愛に包まれていることを願っている。私の愛を感じ、神を感じることを。あなたが神ね。あなたが私を置いて逝ってしまったなんて信じられない。愛しいベンベンがいないなんて。まさかあなたが。これが本当のハートブレイクというものなんでしょうね。また会えることを願っている」

エルヴィスの娘リサ・マリー・プレスリーとダニー・キーオの息子であるベンジャミンは先日、検死の結果、自殺であると断定された。ロサンゼルス郡検視局によれば、ショットガンを口にくわえて引き金を引いたという。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ