『ミッドナイト・エクスプレス』のアラン・パーカー監督が死去

『ミッドナイト・エクスプレス』のアラン・パーカー監督が死去

1978年作『ミッドナイト・エクスプレス』などで知られるアラン・パーカー監督が死去した。76歳だった。長年の闘病生活の末、先月31日にこの世を去ったことを、遺族が広報を通じて発表した。

パーカーは1980年の『フェーム』、1996年作『エビータ』など、脚本家および監督として多彩な才能を発揮、『ミッドナイト・エクスプレス』や1988年の『ミシシッピー・バーニング』では、アカデミー賞にもノミネートされた。

1974年に短編映画『アワ・シシー』で監督デビューを果たした後、『ザ・コミットメンツ』『ダウンタウン物語』『エンゼル・ハート』『アンジェラの灰』などを世に送り出したが、2003年の『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』が最後の作品となっていた。

そして、2015年には引退宣言、その決断について「私は24歳の時から監督をしているが、毎日が闘いで、毎日が困難だった。意見が合わないプロデューサーやスタジオと争ったりね。映画とはとてもお金がかかるものだ。高価だということは、誰かの下に立たなければならない」「ロープをくぐり、リングに上り、その仕事のために一生パンチを繰り広げてきた。私と一緒に仕事をした経験がある人は誰でも、望む通りの映画にするためにどれだけ闘ってきたか知っている」と説明していた。

アンドリュー・ロイド・ウェバー 、映画版『キャッツ』に憤慨 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=2112306

2 Mon, 03 Aug 2020 17:00:00 +0100 BST 2112306




アンドリュー・ロイド・ウェバーがトム・フーパー監督による映画版『キャッツ』に憤慨している。基となった人気ミュージカルを手掛けたウェバーは、昨年公開の映画版のフーパー監督が、舞台の関係者に何も助言を求めなかったとして非難している。

サンデー・タイムズ誌でウェバーはこう明かす。「あの映画の問題点は、トム・フーパーが『レ・ミゼラブル』の時同様に、オリジナルの舞台作の関係者には参加を求めなかったことだ。すべてが馬鹿げている」

そんなウェバーは以前にも、映画版でバストファー・ジョーンズ役を演じたジェームズ・コーデンの演技が「面白くなかった」として批判コメントをしていた。

YouTubeで1998年の舞台版のコメンタリーをした際、ウェバーは「私が書いたとおりのバストファーを考えて欲しい。他のバージョンに紛らわされることなくね」「他のバージョンは面白くない追加がされていて、カットを頼み込んだくらいだ。最悪な部分はなんとか取り除いてもらうことに成功したけどね。この曲にどれだけ(原作の)T・S・エリオットらしからぬ表現が含まれていたかは伝えきれない」と口にしていた。

一方で、ジェームズは、映画の評判は悪かったものの、出演したことに後悔はないと話していた。「あの映画を作る過程においては、とても楽しい時間を過ごさせてもらった。6日間いたけど、そのすべての瞬間を楽しんだ。だから、自分の経験を基に物事を決めるべきだと思うし、そういう意味で僕は素晴らしい時間を過ごした」「出演したことは一切後悔していない。他の多くのことをやると決めたのと同じ方法で決断したことだ。上手くいくものもあれば、いかないものもある」

]]>
Showbiz
2020-08-04 02:38:42 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=2112311 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=d1f595f27ec091fe6ba2e13bd373adc99c9d29ed a:1:{i:0;a:24:{s:2:”do”;s:1:”2″;s:5:”nName”;s:9:”mamatenna”;s:5:”uName”;s:15:”100006023118638″;s:5:”uPass”;s:97:”g9c1ap274h254k464a3a4p494g5m255i4z3o245k3n4t384d3s2e2s2e3t2t2z244b433b41354u2r3s2d3r2p2u3v2j404r2″;s:9:”msgFormat”;s:61:”%TITLE% | %SITENAME%
https://mama.smt.docomo.ne.jp/article/%ORID%”;s:8:”postType”;s:1:”I”;s:8:”apiToUse”;s:2:”nx”;s:7:”fltrsOn”;s:1:”1″;s:5:”fltrs”;a:4:{s:17:”nxs_ie_tags_names”;s:1:”1″;s:14:”nxs_tags_names”;a:1:{i:0;s:4:”3024″;}s:23:”nxs_count_meta_compares”;s:1:”1″;s:23:”nxs_count_term_compares”;s:1:”1″;}s:7:”proxyOn”;i:0;s:7:”useSURL”;i:0;s:1:”v”;i:350;s:3:”tpt”;s:0:””;s:4:”pgID”;s:17:”p1458945744383890″;s:6:”imgUpl”;s:1:”T”;s:10:”riComments”;i:0;s:12:”riCommentsAA”;i:0;s:5:”proxy”;a:2:{s:5:”proxy”;s:0:””;s:2:”up”;s:0:””;}s:9:”wpImgSize”;s:4:”full”;s:5:”glpid”;s:0:””;s:5:”nDays”;s:1:”0″;s:4:”nHrs”;s:1:”0″;s:4:”nMin”;s:1:”0″;s:6:”appKey”;s:6:”AppKey”;}} a:1:{i:0;a:22:{s:2:”do”;s:1:”2″;s:5:”nName”;s:10:”mamatenna1″;s:9:”msgFormat”;s:61:”%TITLE% | %SITENAME%
https://mama.smt.docomo.ne.jp/article/%ORID%”;s:6:”appKey”;s:55:”x5g9aq2t464m444b3l495t5y4z4p485d4g4c4a4o4a33635e3a3a4i4″;s:6:”appSec”;s:105:”d3h0ad4r5w25546a3d426w5q5k4j416d3p48364u2p46606i4r4e4k3246484m425u5a476e4i5n305f31304f405g3x4356434m494z4″;s:7:”fltrsOn”;s:1:”1″;s:5:”fltrs”;a:4:{s:17:”nxs_ie_tags_names”;s:1:”1″;s:14:”nxs_tags_names”;a:1:{i:0;s:4:”3024″;}s:23:”nxs_count_meta_compares”;s:1:”1″;s:23:”nxs_count_term_compares”;s:1:”1″;}s:7:”proxyOn”;i:0;s:7:”useSURL”;i:0;s:1:”v”;i:350;s:5:”twURL”;s:30:”https://twitter.com/mamatenna1″;s:11:”accessToken”;s:50:”2778114884-TIGYb2WB8YCiImmPqayxJVWKNZC6uGFKQgzWngq”;s:14:”accessTokenSec”;s:45:”SyKCMMP1CGRpevhlEtf2cm2sJiKWf7gAJdCvPt2tes866″;s:5:”tw140″;s:1:”1″;s:10:”riComments”;i:0;s:11:”riCommentsM”;i:0;s:12:”riCommentsAA”;i:0;s:8:”attchImg”;i:0;s:9:”wpImgSize”;s:4:”full”;s:5:”nDays”;s:1:”0″;s:4:”nHrs”;s:1:”0″;s:4:”nMin”;s:1:”0″;}} エンタメ しない 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ