『キャプテン・マーベル』続編、監督にリブート版『キャンディマン』のニア・ダコスタ

『キャプテン・マーベル』続編、監督にリブート版『キャンディマン』のニア・ダコスタ

『キャプテン・マーベル』続編の監督に、リブート版『キャンディマン』のニア・ダコスタ(30)が就任した。マーベル・シネマティック・ユニバースは、『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』など、新たな視点を取り入れるためにシリーズ内でも監督をよく変更することで知られている。

ミーガン・マクドネルによる脚本のもと、ブリー・ラーソンがタイトルロールを続投する新作で、前作でメガホンを取ったアンナ・ボーデンとライアン・フレックに代わり、ダコスタが指揮を取ることになる。

コミック本を原作とした大作映画に女性監督が就任するのは、マーベルの『ジ・エターナルズ』のクロエ・ジャオ、DCエクステンデッド・ユニバースの『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』のキャシー・ヤンに続いて3人目となる。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ