ウィル・スミス夫妻の製作会社で新型コロナウイルスのクラスター発生

ウィル・スミス夫妻の製作会社で新型コロナウイルスのクラスター発生

ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミスが経営する製作会社ウエストブルックで、新型コロナウイルスのクラスターが発生した。スタッフ10人に陽性反応が出たという。

2019年にウィルとジェイダらが共同設立した同社はヴァラエティにこう話している。「10人に陽性結果が出ており、それらのスタッフは隔離措置を取り、現在も隔離生活中です。その後、10人全てが再検査を受け陰性となっています。私達は今後も全ての公式の対策方針従い安全対策を取って行きます」

スタッフの安全を考慮し、感染者が出た現場では現在製作を一時中断しているものの、感染者が関与していない作品の現場は製作を続けているそうだ。また、今回感染が認められたスタッフは全員が無症状だったという。

ウエストブルックは先日、90年代に人気を博したウィル・スミス主演シットコム『ベルエアのフレッシュプリンス』を本格ドラマ化したリブート版に着手したことが報じられていた。撮影技師モーガン・クーパーが昨年公開して話題となった、同シットコムを『ベルエア』というダークなドラマに仕上げた設定のトレーラーからインスピレーションを得ているという同新作は、オリジナル版では描き切れなかった争いごとや感情を深く掘り下げるような内容となっており、ウィル・スミスという主人公が家庭で問題を起こしたことで、ベルエアに住む叔父と一緒に暮らし始める姿が描かれるという。

キアヌ・リーブス、『マトリックス』最新作のコロナ対策を絶賛 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=2122118

1 Mon, 17 Aug 2020 17:00:00 +0100 BST 2122118




キアヌ・リーブスが『マトリックス』第4弾の撮影現場における予防対策を称賛した。新型コロナウイルス感染拡大による中断を経て、最近撮影を再開した同人気シリーズ最新作で主人公のネオ役を続投しているキアヌは、製作側が撮影のリズムを崩さずに、予防対策を実施していることに感心しているようだ。

スカイニュースのインタビューでキアヌはこう話す。「とても考え抜かれた、効果的な手順が取り入れられている」「それでいて、撮影におけるリズムが崩されたり、影響が出ることもないようになっているんだ」「みんなこの作品が大好きだ。何か解決しなければいけない状況になり『どうしようか』と考えるのは、ショービズ業界の人が一番得意だ」「『ショーにしよう!』という精神になる。それは間違いなく『マトリックス』にもしっかりと残っている」

そんなキアヌは以前、シリーズ復帰の決め手となったのは、ラナ・ウォシャウスキーによる「美しい脚本」だったと明かしていた。出演の決め手が何だったのか尋ねられた際キアヌは、「ラナ・ウォシャウスキーが美しい脚本を書いたんだ。自分も共感できる素晴らしいストーリーをね」「それが理由だよ。また彼女と仕事が出来ることは最高だ。すごく特別なものになっている。このストーリーはとても意味ある内容だと思うし、得られることがある」と語っていた。

キャリー=アン・モスやジェイダ・ピンケット・スミスも続投が決定している新作は、前作『マトリックス レボリューションズ』からおよそ19年ぶりとなる2022年の公開が予定されている。

]]>
Showbiz
2020-08-18 01:47:36 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=2121985 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=62218f6110caba490ec1f4931ff43d93ff7384ef a:1:{i:0;a:24:{s:2:”do”;s:1:”2″;s:5:”nName”;s:9:”mamatenna”;s:5:”uName”;s:15:”100006023118638″;s:5:”uPass”;s:97:”g9c1ap274h254k464a3a4p494g5m255i4z3o245k3n4t384d3s2e2s2e3t2t2z244b433b41354u2r3s2d3r2p2u3v2j404r2″;s:9:”msgFormat”;s:61:”%TITLE% | %SITENAME%
https://mama.smt.docomo.ne.jp/article/%ORID%”;s:8:”postType”;s:1:”I”;s:8:”apiToUse”;s:2:”nx”;s:7:”fltrsOn”;s:1:”1″;s:5:”fltrs”;a:4:{s:17:”nxs_ie_tags_names”;s:1:”1″;s:14:”nxs_tags_names”;a:1:{i:0;s:4:”3024″;}s:23:”nxs_count_meta_compares”;s:1:”1″;s:23:”nxs_count_term_compares”;s:1:”1″;}s:7:”proxyOn”;i:0;s:7:”useSURL”;i:0;s:1:”v”;i:350;s:3:”tpt”;s:0:””;s:4:”pgID”;s:17:”p1458945744383890″;s:6:”imgUpl”;s:1:”T”;s:10:”riComments”;i:0;s:12:”riCommentsAA”;i:0;s:5:”proxy”;a:2:{s:5:”proxy”;s:0:””;s:2:”up”;s:0:””;}s:9:”wpImgSize”;s:4:”full”;s:5:”glpid”;s:0:””;s:5:”nDays”;s:1:”0″;s:4:”nHrs”;s:1:”0″;s:4:”nMin”;s:1:”0″;s:6:”appKey”;s:6:”AppKey”;}} a:1:{i:0;a:22:{s:2:”do”;s:1:”2″;s:5:”nName”;s:10:”mamatenna1″;s:9:”msgFormat”;s:61:”%TITLE% | %SITENAME%
https://mama.smt.docomo.ne.jp/article/%ORID%”;s:6:”appKey”;s:55:”x5g9aq2t464m444b3l495t5y4z4p485d4g4c4a4o4a33635e3a3a4i4″;s:6:”appSec”;s:105:”d3h0ad4r5w25546a3d426w5q5k4j416d3p48364u2p46606i4r4e4k3246484m425u5a476e4i5n305f31304f405g3x4356434m494z4″;s:7:”fltrsOn”;s:1:”1″;s:5:”fltrs”;a:4:{s:17:”nxs_ie_tags_names”;s:1:”1″;s:14:”nxs_tags_names”;a:1:{i:0;s:4:”3024″;}s:23:”nxs_count_meta_compares”;s:1:”1″;s:23:”nxs_count_term_compares”;s:1:”1″;}s:7:”proxyOn”;i:0;s:7:”useSURL”;i:0;s:1:”v”;i:350;s:5:”twURL”;s:30:”https://twitter.com/mamatenna1″;s:11:”accessToken”;s:50:”2778114884-TIGYb2WB8YCiImmPqayxJVWKNZC6uGFKQgzWngq”;s:14:”accessTokenSec”;s:45:”SyKCMMP1CGRpevhlEtf2cm2sJiKWf7gAJdCvPt2tes866″;s:5:”tw140″;s:1:”1″;s:10:”riComments”;i:0;s:11:”riCommentsM”;i:0;s:12:”riCommentsAA”;i:0;s:8:”attchImg”;i:0;s:9:”wpImgSize”;s:4:”full”;s:5:”nDays”;s:1:”0″;s:4:”nHrs”;s:1:”0″;s:4:”nMin”;s:1:”0″;}} エンタメ しない 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ