【雑学クイズ】子どもと大人、骨の数が違う?多いのはどっち?のタイトル画像
公開 2024年01月27日  

【雑学クイズ】子どもと大人、骨の数が違う?多いのはどっち?

583 View

大人の骨の総数は「206個」。
なんと、子どもの頃と比べてこの数は変化しているのです。

では、子どもと比べて大人の骨の数は「増える」「減る」どっち?


>シリーズの最初から読む
【雑学クイズ】子どもと大人、骨の数が違う?多いのはどっち?の画像1
pixta_60615851

成長すると骨の数が変わる!? そのワケは……

大人の骨の総数は「206個」。

なんと、子どもの頃と比べてこの数は変化しているのです。

では、子どもと比べて大人の骨の数は「増える」「減る」どっち?

正解は……











「減る」です!

子どもからそのまま大きくなっているのかと思いきや、なんと骨の数は減少しているんですね。

赤ちゃんの頃には「300~350個」の骨がありますが、成長の過程でそれらがくっついて「206個」の大きな骨になっていきます。

頭がい骨、手の指や手首の骨、骨盤でよくみられる現象です。

以上、雑学クイズでした。
お読みくださり、ありがとうございました!

(編集:コノビー編集部)

Share!

ちょこっとネタ!のタイトル画像
ちょこっとネタ! #226
コノビー「本日のクイズ」のタイトル画像 コノビー「本日のクイズ」

関連情報