【行火】意外と読めない!?この漢字あなたは読めるかな

意外と読めない漢字、世の中にはたくさんありますね。
一度覚えたと思っても普段なかなか使わない漢字だとすぐに忘れてしまい、次に出会ったときには、なんだっけ、、ということも多いのではないでしょうか。

今回はそんな読めそうで意外と読めない漢字のなかで、「行火」について解説いたします。

(1)「行火」の読み方

では「行火」は何と読むのでしょうか。
どこかで見たような気もするという方も多いと思います。
「ぎょうか」、、違いますね。

正解は「あんか」です。
「あんか」と聞いてシルエットが浮かぶ方もいるのではないでしょうか。

(広告の後にも続きます)

(2)「行火」の意味

「行火」は「炭火を入れて手足を暖める小ぶりな道具」です。
「あんか」という響きとなんとなくマッチしますね。

実際のものを一度でも見たことがある方はピンと来るかもしれませんが、現代においてはあまり使われていない「行火」。
現代ではどのような形で残っているのでしょうか。