7月29日の「スッキリ」(日本テレビ系)では、映画「子供はわかってあげない」で共演した上白石萌歌さん、細田佳央太さん、千葉雄大さんのインタビューを放送。上白石さんと細田さんは、東京オリンピックで注目している競技を明かし、話題を集めました。

千葉雄大

(画像:時事)

■上白石&細田が五輪注目競技を明かす

開催中の東京オリンピックで注目している競技を尋ねられた上白石さん。

「今回の作品でも(水泳部役で)泳いでいることもあり、やっぱり水泳は特に注目して見ていて、女子の400m個人メドレーで金メダルを取れた大橋悠依選手…。本当に動きもダイナミックで、ゴールした瞬間を見られたのは本当に感動しましたね」と、金メダルを獲得した大橋選手を絶賛。

同じく尋ねられた細田さんは、「僕、バスケットボールを中学の時にやってたので、男子バスケをすごい、5人制の方を見てて」とのこと。

26日に開催された日本対スペイン戦について、細田さんは「思った以上に点差が縮まった状態でゲームを終えられたのが、個人的には嬉しかったんですよね」とコメント。

「やっぱりなかなかサイズとかスピードとか戦術とか、合わせて日本にまだまだ足りないものはあるって思いつつも…スペインにもちゃんと勝てるだけの材料も持ってると思ってたので、昨日もすごい1人で興奮しながら、ずっとテレビの前で見てましたね」と熱弁ふるい、強豪・スペインに善戦した日本代表の戦いを振り返ります。

予想以上に細田さんがバスケを熱く語ったこともあり、千葉さんは「コメンテーターの発言…すごいな!」と指摘すると、細田さんは「それぐらいのめり込んで…恥ずかしい〜」と赤面していました。

■千葉、初めての飛行機で体験した恥ずかしい思いを告白!

3人が登場したのは「クイズッス」のコーナーということで、千葉さんは「僕は20歳で初めて飛行機に乗ったのですが、その時にちょっと悲しい、そして、恥ずかしい出来事がありました。それは何でしょうか?」とクイズを出題。

正解は、「客室乗務員に子どもに間違われた」。

千葉さんによると、「初めて飛行機に乗った時に、飛行機の下に花火が見えたんですよ。窓際の席だったから、『わぁーい、上から花火見える』ってこうやってたら、CAの方に『僕、初めてなの?』」と、はしゃいでいたこともあって、子どもと間違われてしまったとのこと。

また、千葉さんはこの時はCAから飛行機のシールをプレゼントされたそうで、「ちょっと嬉し恥ずかし」と、当時の思い出を振り返りました。

今回の放送にはネット上で、「ばーちーかっこよすぎ&面白すぎで最高でしたにやけ止まりません」「ばーちー20歳で、子供に間違われるって色んな意味で凄いな」「細田佳央太くん、5人制バスケ男子見ててくれたみたい。嬉しい!めっちゃ語ってくれてた」などのコメントが上がっています。

細田さんがものすごく熱くバスケの試合を語るのが印象的でした。

また、20歳の千葉さんがCAに子どもと間違われたエピソードは驚きましたね。

(文:かんだがわのぞみ)