選びやすいバッグの収納方法。劣化を防いで永く使える保管のコツも紹介

バッグ収納の工夫次第で、お部屋をすっきりと見せられます。ポイントは、バッグを分類して使用頻度に応じた収納をすること。また、おしゃれさを優先したい場合はバッグをインテリアとして活用するのもおすすめです。この記事では、バッグの綺麗な収納方法から劣化を防ぐための保管方法などを紹介します。

実用的でおしゃれなバッグの収納方法

ここからは、バッグを実用的かつおしゃれに収納する一例とコツを紹介していきます。

棚に並べて収納

棚にバッグを並べた、シンプルな収納方法です。バッグを寝かせずに立てておくと見やすくなるだけではなく、型崩れもしにくくなります。何がどこにあるのかひと目で分かるため、手持ちのバッグの管理やコーディネートが楽になるでしょう。

フックに吊るして収納

フックを使ってバッグを吊るすは、定番の収納方法でもあります。空白になりがちな壁を有効スペースとして活用できるのが魅力的。バッグの収納場所がない場合や、取りやすさを重視したい場合におすすめの収納方法です。

隠さずにインテリアの一部にしながら収納

キューブ型の棚に、バッグを飾るように置いた収納方法。取り出しやすく、見た目もスッキリと洗練された印象です。バッグの置き方や色のバランスにこだわって、インテリアのように収納を楽しみたい人におすすめです。

(広告の後にも続きます)

トラブルを防ぐためのバッグの保管・収納方法

バッグの保管方法を誤ると、素材のベタつき、カビ、金具サビ、型崩れ、異臭、などのさまざまなトラブルを招いてしまいます。バッグを保管する時は、劣化をしっかりと予防しておくのがポイント。ここからは、各トラブルを防ぎながらバッグを保管・収納する方法を解説します。

内側素材のべたつき

使い方にもよりますが、長年使わずに放置しているバッグには内側素材のべたつきが出てくることがあります。べたつきが発生すると、素材が剥がれてしまう危険性もあります。

べたつきの原因は湿気です。湿気を防ぐには、保管時にしっかりと除湿しておき、通気性を良くするのがポイント。購入時に付属する袋は通気性が悪い場合ものもあるので、不織布の袋を用意して通気性を確保してください。また、収納する際にバッグの内側に乾燥剤を入れておくのも有効です。

湿気が貯まりやすいポケット部分にも乾燥剤を入れておきましょう。乾燥剤を入れる際は、有効期限を確認しておきます。期限がきたら、忘れずに取り替えるようにしてください。

エナメル質の表面べたつき

エナメル素材は、ベタつきが発生しやすいと言われています。基本的に高温多湿に弱いため、保管や収納は必ず通気性の良い場所で行いましょう。また、色移りをしてしまう恐れがあるため、他のバッグとくっつけずに、離して置くのもポイントです。

レザーバッグのカビ

エナメルと同様に、レザーバッグも湿気に気を付ける必要があります。湿気がある状態で長期間放置してしまうと、カビや臭いなどが発生する恐れがあるためです。

レザー素材のバッグ収納は、不織布の袋に入れて行うのがおすすめ。長期間保管する際は、不織布の袋はしっかりと口を閉じておき、箱に入れないようにしましょう。また、収納する前にお手入れをしておくと、トラブルのリスクがより少なくなります。

金具の錆(サビ)

金具部分のサビはそのまま放置しておくと、破損を招く恐れがあるため手入れを怠らないよう注意しましょう。カビと同様に、サビも湿気が原因となっているため、保管するときは湿気取りを必ず入れるようにしてください。もしサビが発生してしまった場合は、爪楊枝や麵棒に消毒液をつけて金具部分を優しくこすると、サビが落ちる場合があります。

型崩れ

バッグを圧迫して長期間放置すると、型崩れを起こして元の美しいシルエットを損ねてしまいます。せっかくの美しさを台無しにしないために一番気をつけたいのが、「保管方法」です。

はじめにご介したような収納方法で、バッグを吊るしておいたり、袋などで分けて保管したりすることで、型崩れを防ぐことができます。また、新聞紙などを丸めてバッグの中に詰めれば、湿気を取りながらも型崩れを防ぐことができて一石二鳥です。

バッグの収納やお手入れについては、こちらの記事も参考にしてみてください。