10月3日、タレントの上沼恵美子さん、高田純次さんが司会を務める「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ/日本テレビ系)では、ゲスト出演者の「人生の大決断」を調査。元プロボクサーの長谷川穂積さん、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓さんの失敗エピソードが面白いと話題になっています。

鈴木拓

(画像:時事通信フォト)

■長谷川穂積、妻に内緒で200万使い込んだことを暴露?上沼恵美子も驚き「オンエア出来ないかも分かんない」

今回の番組では、女優の杏さんがフランスへ移住計画を立てているとの情報に絡めて、ゲスト陣の「人生の大決断」を事前調査していました。

ゲストの長谷川さんは、ボクシングの現役時代に友人とたい焼き屋をオープンしたエピソードを語ります。

「友だちと200万ずつだけ出し合って、屋台みたいな感じでオープンした」という長谷川さん。そして「嫁にはもう内緒に」と、奥さんには内緒でオープンさせたことを暴露しました。

これには上沼さんも「ちょっと待って、奥さんに内緒で!?」と目を丸くして驚きます。

現役で忙しかった長谷川さんは、店の経営を友人に任せっきりにしていたそう。すると、たった1カ月でつぶれてしまったのだとか。

長谷川さんは「自分が(店に)行ったときにはもうその、看板と居抜きの物件しか残ってなかった」「自分はほんと200万出しただけ」と言います。

そして「何が怖いかって、これほんと嫁今も知らないんですよ」と激白。これには他の出演者たちからも「えー!」と驚きの声が上がります。

上沼さんも「これはだから、オンエア出来ないかも分かんないもんね」とツッコミを入れると、長谷川さんは「この(放送)時間帯はもう、嫁連れ出します」と苦笑いしました。

■鈴木拓のYouTube収益がすごい!?インド向けに開設「人口の多いところをねらって」

続いて「人生の大決断」を語るのは鈴木さん。インド向けにYouTubeを開設したエピソードを語ります。

当初の狙いとして「人口の多いところを狙って、まぁ目標としては20万人ぐらいこう、みんな観てくれればいいかな」と思っていたそう。

そして「釣りだったら全世界通用すると思って」と、300万円をかけてYouTubeを開設。内容は、釣りをしながら鈴木さんがしゃべる動画にヒンドゥー語と北京語の字幕を付けたというもの。

結果、「日本人しか観なくて」と鈴木さん。「日本人の人から死ぬほどクレームが来まして『お前ごときが世界を狙ってんじゃねぇ』って」とこぼします。

「2年前ぐらいに開設したんですけど、ぜんっぜん誰も観なくて」と言う鈴木さん。先月になってやっと広告収入が発生したそう。しかし、鈴木さんの手元に入ってきたのはたったの720円。これにはスタジオでも「えー!」と驚きの声とともに笑いが起きます。

さらに「でも、720円て銀行から引き出し出来ない金額で、未だにお金が一切入って来ない」という鈴木さんは「300万ドブに捨てたっていう」と、YouTubeの厳しさをしみじみ語りました。

■ゲスト陣のトークに視聴者からも「楽しかった」の声

他にも、芸能人たちの金銭事情やセレブが通う学校についての情報で盛り上がった今回の放送。

ネット上では「ドランク鈴木とダイアン津田をいじったら上沼さんが最高やな」「本日のクギズケも楽しかったです」との声が上がっています。

長谷川さんや鈴木さんの失敗エピソードに驚いた視聴者も多かったのではないでしょうか。

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)