10月22日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、女優の天海祐希さんと草笛光子さんがゲストとして登場。VTRで登場した伊藤沙莉さんが天海さんから女優人生の支えとなる言葉をもらったと明かし、話題になりました。

天海祐希

(画像:AFP=時事)

■伊藤沙莉の女優人生を支えた天海祐希の”言葉”が深すぎた!

2005年に放送された天海祐希さん主演のドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)。このドラマで伊藤沙莉さんは、生徒役の1人として出演していました。

VTRで登場した伊藤さんは、当時を振り返り「ずっと大切にしてる言葉っていうのは前室って撮影のするところの一個前みたいな部屋ってあるじゃないですか。あそこでわちゃわちゃしてたら(天海さんが)『沙莉』って呼んでくださって、私は確実に怒られるって思ったんですけど」とコメント。

続けて、伊藤さんは「緊張して『はい…』みたいに言ったら、すごく褒めてくださって、すごく分かりやすく自分の回があったりとか、目立ったりとかする役ではなかったので」と天海さんに演技を褒められたと言います。

その時、天海さんは「カメラが自分の向いていない時でも注目をされるようなシーンじゃなくても、必ずあなたは気を抜かずにお芝居をしてる。私は見てる。ちゃんとやるべき事をやって気を抜かない、手を抜かないっていうのはとても大事で、そうやってあなたが今のままいてくれれば誰かが見つけてくれるし、誰かが認めてくれるから、ずっとそのままでいて変わらないでね」と励ましの言葉をかけてくれたそうです。

伊藤さんは「それがすごく残っていて、気も手も抜かずにやってきた気はしていてなんとなく…。天海さんのお言葉があっての事だなとすごく感じていますね」と天海さんに今でも感謝しているようでした。

■中居正広も絶賛「だから上司なんですよ」

VTR終了後、MCの中居正広さんは「だから上司なんですよ。ナンバーワンにしたいこういう上司がいたらいいなって」と天海さんを絶賛します。

一方で、天海さんが「そういう役柄も多いですからね」と伝えると、中居さんは「役柄も多いけど今みたいな話を聞くと見てないところの努力をしっかり見てくれてるんだなって」と感動したようでした。

■天海祐希が明かした”言葉の真意”とは?「お芝居やめちゃう子なのかなとも思った」

ここで、3時のヒロイン・福田麻貴さんは「伊藤沙莉さんに声かけた時はこの子が大人になってもずっと女優続けるとか、そこまで見えてたんですか?」と質問します。

すると、天海さんは「沙莉ちゃん何ていうのかな?お芝居の上手な子って…。 私みたいにお芝居頑張りたいって思う人間よりも割とちょっと本当に天才的な感じの人ってふいっと違うものに移ってしまうことが多いんですよね」と口を開きました。

続けて、天海さんは「どうして?すごく上手だったのにと思うんだけど、他に興味を持ちやすいというか、才能があるから。彼女にもそんなものを感じてしまって」と当時の伊藤さんの印象について語ります。

そして「伸びていくのにもしかしたらお芝居やめちゃう子なのかなとも思ったんですね。でも、本当にカメラがこっちを向いていなくても、ここですごい真剣な顔して私を見てるんですよ。皆さんやっぱり精鋭ですからそうだったのね…。だけどとても目を引いたんですよね」と伊藤さんにはキラリと光るものがあったという天海さん。

続けて「これはちゃんとこれがあなたの今やってる事が私から見て正しい事なんだよって事を伝えてあげないと、と思って…。でもみんなのいる所で言うのは失礼でしょ。だから『ちょっと来て』って呼んで言いました」と伊藤さんに声をかけた理由を明かしました。

■天海祐希の言葉に反響

今回の放送について、ネット上では「金スマの天海祐希が伊藤沙莉のエピソード泣けた」「天才肌の伊藤さんが、芸能から離れないように、声をかけた天海さん。やっぱり上司にしたいNo.1の方だなぁ」「伊藤沙莉さんが言われた天海さんからの言葉にホロリ。声をかけた天海さんも素敵だし、それを胸に頑張ってきた伊藤沙莉さんも素敵。二人とも素敵な女優さんだし応援したくなる」などのコメントが上がっています。

伊藤さんにこれからも女優を続けて欲しいという思いから、呼び出して声をかけたと振り返った天海さん。そのエピソードに感動した人は多かったようです。

【番組情報】

中居正広の金曜日のスマイルたちへ

https://tver.jp/corner/f0087014

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)