お口の中を徹底キレイに。手軽に採り入れられる【最新オーラルケアアイテム】特集

リモートワークやマスク着用で、口臭やお口の健康、そして歯のお手入れを気にしている方は少なくないと思います。そこで今回はフィリップス・ジャパンから新登場したブランド初の乾電池式の電動歯ブラシ「Philips One(フィリップス ワン)」、フロッシングが簡単にできる「パワーフロッサー3000」と「ソニッケアーコードレスパワーフロッサー3000」(2022年2月発売)、エントリーモデルの充電式電動歯ブラシ「ソニッケアー 3100」と、最新のオーラルケアアイテムを紹介します。

▲フィリップス・ジャパンから新登場したオーラルケアの新製品4種類

最注目は低価格で携帯に便利な乾電池式の「電動歯ブラシ」

リーズナブルな価格で登場した「Philips One」は乾電池式の電動歯ブラシ。単四形アルカリ乾電池1本で1日2分の歯磨きをした場合、3か月使用できます。おしゃれでコンパクトなケースがついているので携帯にも便利です。

▲「Philips One」はカラフルな4色。1分間約13,000ストロークのマイクロ振動で、力を入れなくても優しく磨けるうえ、汚れを効率よく落とせます

30秒ごとにビープ音と一時停止で知らせるカドぺーサー機能で、口腔内を一定間隔で均一にブラッシングできるようサポート。さらに磨きすぎを防止するため、2分で自動停止するスマートタイマー機能を搭載しています。

▲歯の形にカットされたソフトな毛先で、歯と歯茎に優しくフィット

電動歯ブラシ初心者のために、手を軽く動かして手磨きに近い感覚で使用できるのが魅力。もちろん手磨きとくらべて歯の汚れがよく落ちるので、効果をすぐに実感できるでしょう。

(広告の後にも続きます)

歯間の汚れを水流で落とす「ソニッケアーパワーフロッサー3000」

歯の面積の約半分は歯と歯の間の「歯間」と言われます。でも、糸ようじやデンタルフロスって、面倒だし長続きしないもの。そこで歯間汚れや歯石をX型の水流で効率良くしっかり落とす最新兵器が「ソニッケアーパワーフロッサー3000」です。

▲しっかりケアしたい方に向けた据え置き型の「ソニッケアーパワーフロッサー3000」。ソニッケアーの電動歯ブラシと併用すると歯間の歯石を最大9倍除去できるそう

水圧の設定は10段階。さらに一定の水圧が1分間かかるクリーンモードと、一定間隔の強弱のある水圧が1分半続き、歯間移動のタイミングがわかるディープクリーンモードの切り替えができます。X型の4方向に水流が広がり、しっかりと効率よく歯間や歯ぐきの汚れを除去できるので、磨き残しが起こりやすい矯正装置をつけている方は特におすすめです。

▲歯に当たっても痛くないソフトラバーのカドストリームノズル。新テクノロジーのX型水流が、歯と歯ぐきの汚れを落とします

また、より手軽にX型水流の口腔ケアができるコードレスタイプ(USB充電式)の「ソニッケアーコードレスパワーフロッサー3000」も2022年2月に発売予定。ノズルの向きを自由に変えられ、水圧の調整は3段階です。