カルティエの指輪で手元を彩る。世代を超えて愛される理由とラインナップを紹介

カルティエ(Carltier)の指輪は永く着けていても飽きのこない、上品で洗練されたデザインが特徴で、正に一生モノの指輪になります。またカルティエは、古い歴史を持ちながらも斬新なデザインをいくつも発表し続け、世界中から注目されているハイブランド。今回は、豊富なカルティエの指輪のなかでも人気デザインを紹介します。

カルティエ(Cartier)は世代を超えて愛される老舗ブランド

フランス・パリ発の人気ブランドカルティエは、170年以上の歴史を持つジュエリーブランドです。その長い歴史の中でカルティエはいくつもの偉業を成し遂げ注目され続けてきました。古くから世界で愛されてきた「カルティエ」の歴史や魅力を紹介します。

世界中の王族が愛用するカルティエ

1847年から続くカルティエは、世界中の王族がオーダーしていた歴史があり、世界5大ジュエラーにも数えられています。カルティエは、世界の王室御用達のジュエラーとして1904年にイギリス国王のエドワード7世が「王の宝石商、宝石商の王」と称賛するほどに格式高い地位を確立していました。現代でも英国ロイヤルファミリーや世界中の王族の心だけでなく、多くの人の心も掴んで離しません。

数々の世界初を成し遂げてきたジュエラー

カルティエは、数多くの世界初の商品を開発してきたジュエラーでもあります。1900年にプラチナをジュエリーに初めて使い、業界に革命を起こしました。また、それまで主流だった曲線的なデザインが特徴のアールヌーボーを脱却して、直線や幾何学模様を取り入れた、アールデコ様式を確立しました。

さらに、世界で初めて男性用の腕時計を開発。ダイヤモンドのバケットカットを世界で初めて発表したのもカルティエでした。ハリウッド女優で、モナコ公妃のグレース・ケリーに贈られた婚約指輪は、このカルティエのバケットカットしたダイヤが留められたものでした。

職人の丁寧な手作業で作られる一生モノのジュエリー

カルティエのジュエリーはすべて職人による手作業で作られます。カルティエで使われるダイヤモンドは、GIA(米国宝石学会)が定めている品質グレードで、最高級に値するものが使われています。使われている他の宝石もジュエリーも最高級品。カルティエのジュエリーは、長く愛される一生モノのジュエリーとなるでしょう。

(広告の後にも続きます)

カルティエの普段から着けやすいシンプルな指輪コレクション

カルティエにはシンプルなデザインの中にも、カルティエらしいこだわりのディテールが際立つ指輪が揃っています。繊細な中にもカルティエらしい気品溢れるデザインが豊富です。日常でも身に着けやすいシンプルなコレクションを紹介します。

カルティエのアイコン的存在「LOVE」

「LOVE」は一目でカルティエの指輪だと分かる、カルティエの定番デザインの1つです。「LOVE」に刻まれたモチーフは、ビス。ビスとは、釘の頭についているくぼみのある部分です。ビスで愛を封じ込めるというコンセプトで作られたそうです。このビスのデザインは、カルティエでは「永遠の愛」の象徴とされています。コンセプトは情熱的ですが、カジュアルなシーンにもフォーマルなシーンにも合う、使いやすさが魅力です。

華奢なラインが女心をくすぐる「バレリーナ」

飽きのこないシンプルなデザインがおしゃれな「バレリーナ」。繊細なラインの中にダイヤモンドがさりげなく輝きます。毎日身に着けたくなるシンプルなデザインは、多くの人の心をつかみ続けています。華奢なラインが絶妙なカーブを描き、手元を美しく輝かせてくれるでしょう。

ダイヤがきらめく「エタンセル」

エタンセルのリングは、リングのアームにまばゆいばかりのダイヤが並んだデザインです。アームには幅広のデザインもあり、1本の指輪で重ね付けしているような印象を与えます。ダイヤの指輪を楽しみたいときにピッタリです。エタンセルには、ネックレスやピアスのラインもあるので一緒に身に着けるのもおしゃれ。タイムレスなデザインで、指先から上品さを演出します。

カルティエを象徴する豹の名を冠した「マイヨン パンテール」

「マイヨン」はフランス語で「つながり」。「パンテール」は豹です。カルティエの広告などにもよく登場する豹をモチーフにしたデザインは、1914年に誕生以来人の強さと気品、惹きつけられる魅力で、カルティエの象徴的存在です。マイヨンパンテールは、フラットでしなやかなデザインの中に、豹のような気品溢れるデザインで手元を魅力的にしてくれます。