12月1日、中川翔子さんのYouTubeチャンネル『中川翔子の「ヲ」』では、中川さんが愛車のベンツで初めての首都高ドライブに挑戦しましたが、予想外の事態にみまわれたようです。

中川翔子

(画像:時事通信フォト)

■ベンツでの初挑戦に緊張感もひとしお



ベンツでの首都高ドライブは初めてということで、出発前の中川さんは「絶対に、このメルセデス様に傷をひとつも負わせてはならぬという…怖いっすね! 首都高のシステム自体をよく分かってないんですよね」と、緊張の面持ちでコメントしました。

次の仕事の現場である銀座まで、30分ほどドライブすることになりましたが、今回はスタッフからの車線変更などのアドバイスなしでチャレンジしなければならないようです。

中川さんは、「うわ〜、車線聞かないと運転できないんだよな〜」と、なおも不安そうに話していました。

やがて笹塚付近にさしかかり、たまらずスタッフが「右の陸橋に行かないといけないので、もう右車線に行ってないといけなかった」と助言をすると、中川さんは「うそ! どうしよう。無理だよ…ひとり立ちなんて」と、早くも弱気になる中川さんでした。

■アンビエントライト点灯でテンション上げ上げ!

緊張感に包まれた車内で、何とか気分を盛り上げようと思ったのか、右折待ちのタイミングで「Hi,Mercedes! アンビエントライト!」とナビにリクエストする中川さん。

ねらい通りに間接照明が光りだすと、「うぉ〜光ったぜ! かっこ良いな。これですよ、このテンションの上がり方ですよ」と、少しずつドライブを楽しむ余裕が出てきたようでした。

ついに首都高速に乗り、スタッフから「でも中川さん、走れてますね」と話しかけられると、「こちとらには、1万2000枚の特殊装甲と、アンビエントライトがついてるんだからぁ!」と、『エヴァンゲリオン』のセリフを模して強気に返します。

実はこの日、中川さんは『エヴァンゲリオン』のコラボブルゾンを身につけて、首都高ドライブにのぞんでいたのでした。

■中川、親密な関係が明らかに!「私が落ち込んだときに…」年下芸能人の存在を告白

途中、「今、一緒にドライブに行きたい人は?」と聞かれた中川さんは、「親友の(モーニング娘。)飯窪春菜ちゃんですかね。私が落ち込んだときに、夜中にあったかいスープを届けに来てくれたりするんですよ。めちゃくちゃ良い子なの。私のほうが人生相談しちゃうもんね。(飯窪さんは)10個下だけど」と語っていました。

そんな中、なんと中川さんは、降りるべき出口を通過してしまいます。

「えっどうしよう! 高速の降り方が分からない」とパニックになりつつ、「あっ、スカイツリー見えてきちゃった。すごい遠くまで来た!人生ってわけわからんな〜…」と話しているうちに、またもや出口を通り過ぎ、目的地である銀座とは逆方向へ向かうことになってしまいました。

その後も次々と出口を通過していき、千葉県の手前まで来てしまいますが、中川さんは「あの看板可愛い! 今のところ、看板しか娯楽がないからね…」「すげ〜団地まつり!」など楽観的にコメントし、同乗するスタッフからは笑いが漏れていました。

■「一生出られないとは…」疲れた表情を見せるもファンからは「神々しい」の声

ようやく首都高から降りられ安堵したのも束の間、すぐに都内へとUターンしなければなりません。

中川さんは、なんとか自力で都内へ戻ることができたものの、次の仕事に間に合わないということで、今回は惜しくもギブアップとなりました。

運転を終えた中川さんは、「まさかまさか、首都高から一生出られないとは思わなかった…まだ諦めずに、コツコツ練習したいと思います!」と、やや疲れた表情で語っていました。

ネット上では、「運転しているしょこたん、可愛い!癒やされる」「見ているだけですごく手に汗握りましたw」「ベンツを運転するしょこたんが神々しい」などの声が上がっていました。

中川さんは今後も練習を重ねるようなので、いつかまた楽しいドライブ動画が見られると良いですね。

【番組情報】

中川翔子の「ヲ」

https://youtu.be/xpC6TrQfZyw

(文:くる美/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)