1月15日放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ」(テレビ東京系)では、タレントの大沢あかねさんがゲストとして登場。博多華丸・大吉の博多大吉さんが大沢さんとの思い出を明かし話題を集めました。

大吉

(画像:時事)

■博多華丸・大吉の”初めての女”は大沢あかねだった!?本人に確認したところ意外な回答…

今回のゲスト・大沢あかねさんとの思い出について、博多大吉さんは「予告がてら言っておきますけど、大沢あかねさんは華丸大吉の初めての女として我々の歴史には刻まれているんで」と話を切り出します。

一方、身に覚えのないのか「嘘!?本当ですか」と驚きの表情を浮かべる大沢さん。ここで、大吉さんが「華丸が『R-1ぐらんぷり』ってやつで優勝した時やから2006年ぐらいだと思うんですけど…。テレビ東京の番組で『ドライブ A GO!GO!』ってあったんですよ」と伝えると、大沢さんは「はい!ありました」と返答。

大吉さんは「その福岡編に僕らが呼んでもらえて。華丸が『R-1』優勝したら…。その時のゲストが大沢さんやったんです。3人で福岡をドライブしたんですよ、案内して。で、終わって泊まりやったんですよね。福岡の夜をどっか行きたいって言って、あっそうですかって言って、何か良い店あったら教えてくださいって言われたから」とお店を大沢さんに紹介する事になったとのこと。

続けて、大吉さんは「初めてそこで電話番号交換したのが…華丸と大吉が初めて電話番号交換した全国ネットの有名人が大沢さんだったんです」と伝えますが、大沢さんは「ごめんなさい、電話番号交換したのは全然覚えてなかった」とこの時の事は忘れていたようです。

■大沢あかね、夫・劇団ひとりの言動に愚痴こぼす『何が可愛いの?今の』

また、当時大吉さんと華丸さんはおじさんが1人で切り盛りするスナックを訪れる約束をしていたとのこと。大吉さんは流石に来ないだろう思っていたそうですが、大沢さんは「行きます!」と伝え、マネージャーと2人でスナックを訪問したそうです。

そして「初めてプライベートでお酒飲んだ女性芸能人って大沢あかねさんなんです」と華大の歴史にとって忘れられない女性になったという大吉さん。

大沢さんは「本当にあれよあれよという間に華大さんがもう日本のトップに上り詰められてうわーすごいなって」と語りました。

そして、23歳だった2009年に劇団ひとりさんと結婚した大沢さん。現在は11歳、5歳、2歳と3人の子宝にも恵まれているとのこと。

しかし、思春期の長女は悪態をつく事もあるそうで、大沢さんは「パパとかはドMだから『はあ!?』とか言われたら『何言ってるの可愛いね〜』みたいな感じで…『何が可愛いの?今の。そんな事言わせていいの?』みたいな感じになっちゃうんです」と夫のひとりさんへの愚痴をこぼしました。

■大沢あかね出演の「二軒目どうする?」に反響

今回の放送について、ネット上では「華丸大吉が『初めて』電話番号を交換したのが大沢あかねwこれは面白いw」「華大の『初めての女』は大沢あかねとな。スナックに行ってしまう大沢あかねも強い」「ひとりwドMだからって反抗期の娘に可愛い言うなw」などのコメントがあがっています。

大吉さんが全国ネットのタレントで初めて電話番号を交換したのが大沢さんだったと感慨深そうに話したのが視聴者には印象的だったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)