明石家さんまさんがMCを務める『痛快!明石家電視台』(MBS/TBS系)。1月17日の放送では、お笑いコンビ・ピスタチオの小澤慎一朗さんの祖父は大ヒットゲームの考案者であることが明らかになる場面がありました。

小澤慎一朗

(画像:時事通信フォト)

■明石家さんま、後輩芸人から「モテない」と指摘される!その理由は…?

今回は、さんまさんがイマドキの令和カップルに恋愛を指南する企画が行われました。

何かにつけて白目にする白目漫才でブレイクしたお笑いコンビ・ピスタチオのツッコミを担当する小澤慎一朗さんは、舞台を中心として活躍する女優・吉川莉早さんと2020年に結婚していますが、なんと吉川さんの方から小澤さんに猛アタックしたことで交際することになったそうです。

なんでも、自分大好きな人が苦手な吉川さんにとって、自分に興味がない小澤さんは魅力的だったのだとか。

そこで小澤さんが自分が出演した番組のオンエアは見ないことを明かすと、さんまさんは「5回ぐらい見る俺はどうしたらいいの…?」と吐露します。

さらに、吉川さんが小澤さんに好感を持てた点として、ご飯を綺麗に食べるところをあげると、出演者の村上ショージさんからは「先生と全然ちゃう。先生もう野良犬みたいになってる」というツッコミが。

小澤さんがさんまさんと真逆なタイプと分かったところで、小澤さんが「師匠、モテないです」と指摘すると、さんまさんは「『ワイルドでええ』っていう人もいるのよ」と答えて笑いを誘いました。

■明石家さんまも「1日楽しんだ」大ヒットゲームの考案者はピスタチオ小澤の祖父だった!?

現在、1歳の息子と幸せに暮らしている小澤さん&吉川さん夫妻ですが、白目漫才のブレイク後から徐々に仕事は減少。ピスタチオが最も売れていた時の最高月収は「160万円」だったものの、今月の月収は「6万円」だったことを明かします。

そこで「家賃はどうしてるの?」と質問が及ぶと、小澤さんは「実家の…小澤家が持ってるマンションがありまして」と、小澤家保有のマンションに入居していることを告白。

さらに「おじいちゃんが金持ちで…」と言うと、タワーのバランスが崩れないようにコマを置いて行くおもちゃ「ぐらぐらゲーム」を考えたのは、小澤さんの祖父であることも打ち明けます。

そんな大ヒットゲームの考案者が小澤さんの祖父だったことに、スタジオからは驚きの声があがる中、小澤さんが「おじいちゃんがイタリア行った時にピサの斜塔見て、これを思い付いたらしくて」と、おもちゃについて説明すると、さんまさんは「俺でもやったことあるもん、コレ」「おじいちゃんによろしく言っといて下さい。さんまも1日楽しんだと」とコメント。

小澤さんの告白により、スタジオが盛り上がった場面となりました。

■明石家さんま、実家が金持ちのピスタチオ・小澤を激励!?「どっかに甘えてるんちゃう?」

その後、小澤さんはマンションには「5万円」だけ入れて住んでいること、そして食費は隣にある実家で毎晩夕食をとることで、ほぼ「0円」であることを明かします。

そこで小澤さんが「父は自分で会社を経営してまして…」と祖父だけではなく、父も金持ちであることを告白すると、さんまさんは「そこがちょっとアカンところやなぁ、おまえの。おじいちゃんは、ぐらぐら(ゲーム)、お父さんは会社経営…どっかに甘えてるんちゃう?」と忠告。さらに「ネタ書け!明日から」と激励しました。

小澤さんの祖父が大ヒットゲームの考案者であったことは驚きでしたね。

また吉川さんの好きなタイプがさんまさんとは真逆な人だったことで自虐するさんまさんが面白かったですね。

【番組情報】

痛快!明石家電視台

https://tver.jp/corner/f0095587

(文:ジョブリナ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)