1月18日の「アカデミーナイトG」(TBS系)では、映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」で共演する嵐・松本潤さんと西島秀俊さんの対談を放送。松本さんと西島さんは、映画で共演した杉咲花さんの印象を明かし、話題を集めました。

西島秀俊

(画像:時事通信フォト)

■松本&西島が杉咲の振り切った芝居を絶賛

映画で共演した杉咲さんの印象について、松本さんは「花ちゃん、僕初めてだったんですよ。あの…面白かった。あんまりやらなそうな感じがしてたんだけど、どうこれを乗り越えるんだろうと思ってたら、軽々と超えてきましたね」とコメント。

また、西島さんによると、「もっと足してたもんね、監督の要求をね」と、杉咲さんは監督の要求以上の演技を披露したとのこと。

続けて、松本さんが「西島さんって何度かやられてるんですか?」と話を振ると、西島さんは「(杉咲さんが)10代の頃に『MOZU』(WOWOW・TBS系)って作品で、香川照之さんの娘役で出てて…。そっから一気に女優さんとして立派になってる姿を見て、すごく楽しみにして、今回の演技を見てビックリした!」と、笑顔で話します。

さらに、「凄まじい成長っぷりを見たっていう…めちゃくちゃ面白かったもんな」と、劇中の杉咲さんの振り切った演技を絶賛。

ここで、松本さんが「笑ってましたもんね。西島さんがすごく真面目な芝居をしなきゃいけない時に、彼女がちょっと変化球でリアクションするみたいなシーンがあるんだけど」と劇中のワンシーンの話題を出します。

すると、西島さんは「変化球っていうか、目の前であんなんやってさ、俺でもさあ…リアクションしないで真剣にやれって言われると、俺も頭おかしい人みたい」と、笑いをこらえるのに苦労した事を明かしました。

■松本「西島さんいなかったらただのコント」映画『99.9』に本音を暴露!

また、松本さんが「意外と西島さんそういう意味では笑い上戸ですよね」と指摘すると、西島さんは「ダメなんだよね、ああいうの。本当困るんだよね」と話し苦笑。

松本さんは、「俺、笑っていいから、キャラクター的に。面白かったらフッとか言って普通に笑えちゃうんだけど…。(西島さんは)めちゃめちゃシリアスにやんなきゃいけない」とコメント。

すると、西島さんは「今回そう…。木村組なのにすっごいシリアスに演技しなきゃいけなくて、それもちょっとすでにおかしいし、周りめちゃくちゃの事やってんのに、1人すっごい真剣にやってるからどうすればいいんすか」と自分だけシリアスな演技を求められた事について愚痴をこぼします。

松本さんは、「西島さんがそういう本当に真剣な方向でお芝居されてるので、『99.9』というコントみたいな作品がすごいちゃんと映画になってるんですよ、マジで…。それは本当に感謝してます。ありがとうございます」と、映画として成立させてくれた西島さんに感謝。

さらに、「西島さんいなかったら、ただのコントだよこれ!」と作品について本音を暴露しました。

今回の放送にはネット上で、「ここのシーンねw花ちゃんは笑っちゃってたけど、西島さんはよくこらえたよな確かにw」「松本潤さん、西島さんの対談とても楽しかったです」「西島さんが真剣な芝居されてるから、99.9というコントみたいな作品がちゃんと映画になってる!アハハ。コントって!」などのコメントが上がっています。

松本さんと西島さんが、杉咲さんが予想以上の演技をしてきたと話したエピソードが印象的でしたね。

【番組情報】

アカデミーナイトG

https://tver.jp/corner/f0095668

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)