あの2人がなぜ…?! 仲良し夫婦が「破局」してしまった理由

誰もが羨むような仲良し夫婦でも、結婚後に上手くいかず「破局」することがあります。一体なぜそんな結論になってしまったのでしょうか? そこで今回は、その理由について解説します。

|交際期間が短かった

交際当初は、誰もが相手に夢中な状態。周りが見えなくなるほど、相手にハマってしまう人もいるでしょう。でも、交際期間が短いと、相手の欠点が見えてこなかったり、相性をしっかり確認できなかったりして、あとあと大きな問題に繋がる可能性は上がります。

(広告の後にも続きます)

|不満を溜め込んでガマンの限界に

ほとんどの場合、仲良しと言われる夫婦は喧嘩をしないでしょう。とはいえ、元々は赤の他人なので、当然相手に対して不満を抱くこともあるはずです。その不満を溜め込んでガマンの限界に達した時、破局を迎えてしまうことがあります。適度に相手への不満を吐き出すことも、良好な関係をキープする上で大切なのです。