「おばさん」と「大人な女性」の内面的な違い5つ

「大人な女性」の特徴3:余裕、包容力がある

「大人な女性」の特徴3:余裕、包容力がある

「若さ」というのは非常に強いカードですが、大人な女性には若い女性が持ち得ない魅力があります。それが余裕や包容力といったもの。

年齢を重ねさまざまな経験をしてきたからこそ、人として深みが出ます。他人に対して想像力を働かせ、思いやりを持てるようになるのです。

常にどこか余裕のある人は、一緒にいる側も楽なんですよね。なので自然と「この人と一緒にいたい」と周りに人が集まってきます。年を取ってからモテるようになった、というケースも、こうした理由からではないでしょうか。

逆に、いくつになっても周りに対する配慮ができない、思いやりを持てない、世話をしてもらって当たり前と思っている女性は、お世辞にも大人とは呼べないでしょう。周囲からも面倒だと思われて、慕われることもありません。


(広告の後にも続きます)

「大人な女性」の特徴4:自虐ネタを言わない

おばさんの代名詞とも言えるのが自虐ネタではないでしょうか。

「私、おばさんだから~」「若い子には敵わない」「もう若くないし」「私なんか……」などなど、挙げればキリがありませんよね。

どうしても、日本ではまだまだ「若い=優れている」というイメージが強いため、ついこのような発言をしてしまう気持ちはよくわかります。

ですが、自虐ネタを言えば言うほど自分自身がどんどんおばさん化していきますし、このネタで周りがほっこり幸せになるわけでもありません。つまり、言ってもいいことがないんです。

自分で自分をおばさん化させたくないなら、わざわざ「私、おばさんだから」なんて言わないに越したことはありませんね。