1月19日、演出家・佐久間宣行さんのYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』に、お笑いコンビ・シソンヌが出演。しんどかったお笑い営業や全国ツアーの話、じろうさんの心配事など、普段はあまり聞けないシソンヌの本音トークが話題になっています。

じろう

(画像:時事通信フォト)

■シソンヌ、営業先でのまさかの事態「心に麻酔をかけて行くぞ」

佐久間さんからの「コント師の人たちって営業苦しんでるイメージがあるんだけど」との問いかけから、若手時代に苦労した話に。

じろうさんは、「掴みもないですし、ショートコントもないんで、ガッチガチのコントやるんすよ」と営業ライブでは、挨拶もなしでいきなり”コントIN”していたことを明かします。

当時、営業の舞台となっていたショッピングモールでは死ぬほどすべっていたことも多々あったそうです。

「(お客さんの前に)出る前に相方と2人で、よく10分の我慢だ」「心に麻酔をかけて行くぞ」と話していたことを、笑いながら振り返る長谷川忍さん。

人気者の今となっては考えられないシソンヌの下積み時代の話に、佐久間さんも興味津々。

2014年にはキングオブコントで優勝した2人ですが、王者になってすぐの頃は、まだテレビ出演は少なかったそう。

「東京での単独ライブはチケット売れてたんですけど…」「東京で(お客さん)パンパンなのに地方で30人とか普通にあったんすよ」と、当時の苦労を明かします。

じろうさんが、「地方(ライブ)やってる時は、長谷川さんと組手やってる感じなんすよ」と、コンビ二人三脚で励んでいる様子を語り、盛り上がりました。

■じろう、相方・長谷川の単独仕事に本音吐露「それだけが心配」

「僕がすごい心配してるのが…」と、真剣に語り始めたじろうさん。

「長谷川さんがすごい売れて…」「昨日もTwitter見てたら、(長谷川さんの出演番組)告知が出て来て」と、何やら心配そうな様子。

「そしたら普通にスタジオに東野(幸治)さんと、小池栄子さんと、長谷川さんとかがいて」「『おい、いやちょっと東野さん!』みたいに(長谷川さんが)やってるの見て」と、長谷川さんの仕草を真似しながらテンポよく語ります。

「おい! え? こんな売れてんのか? 長谷川さん!?」と、じろうさんは驚きを隠せなかったようです。

「髪もちょっといつもよりソフトなんすよ」「いっつもなんかこうビッタビタにしてんのに」「ちょっとなんかこうお茶の間向け」と、ジェスチャーを交えながらコメント。

その話に、長谷川さんは「いやいや!」と、否定しながらも照れている様子。

じろうさんは、「長谷川さんやっぱ、テレビすごい向いてると思うし好きなんで」と、人付き合いが得意だという相方について、冷静に分析します。

「それで単独ライブ『ちょっとめんどくせーな』って、ならないかどうかだけが、それだけが心配」と、普段はあまり語ることのない心境を明かしました。

視聴者からは、「じろうさんの本音の破壊力よ爆笑しちゃったよ」「じろうさんのセンスが爆発してて泣き笑いしてしまった」「おおー、じろうさんがキャラなしで喋ってる」など、じろうさんの姿に感激した人の声があがりました。

■貴重なトークにファン絶賛!「発想が天才の人達」

その他にも、2人が一番好きなコント、今まで一番すべった瞬間、唯一コンビで喧嘩した話、芸人を目指す人に伝えたいことなど、盛りだくさんな内容だった今回の動画。

ネット上では、「シソンヌは大好きだから最高すぎる!!」「発想が天才の人達」「シソンヌ来たーーー!!ありがたき幸せ」「おもしれえなあ…」など、貴重なシソンヌのトークを楽しんだ人の声があがっています。

コント師とはまた違った2人の一面を観ることができ、大満足したファンも多かったようですね。

【番組情報】

佐久間宣行のNOBROCK TV

https://www.youtube.com/watch?v=Aj9logKue4U

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)