1月19日配信の『カジサックKAJISAC』は緊急動画!愛娘・はるちゃんの人生最大のアクシデントをヨメサックが涙ながらに報告。カジサックは夫として経緯を説明しつつ、今後の動画の展開について解説していく。

ヨメサック「ものすごく後悔しています」

いつもとは違う雰囲気で始まった緊急動画配信。開始早々、「うちのはるちゃん(娘)がこの度、ちょっとケガをしてしまいまして…」と切り出すカジサックに続き、ヨメサックが事の経緯を説明する。

先日、家族でスーパーへ買い物に行った際、はしゃぎすぎたはるちゃんが何もないところでつまずき、たまたま置いてあったショッピングカートのタイヤの金具部分に思いきり顔面をぶつけ、額から鼻筋のあたりにかけて数針縫うほどのケガを負ってしまった。

出血もひどかったため、すぐに夫婦で救急隊員を呼んだところ、幸いなことに脳への影響はなく、意識も安定していた。救急隊員から「このまま普通の救急病院に搬送することは可能だが、はるちゃんの将来のことを考えると、より傷跡が残りにくい形成外科に連れて行ったほうがいいのでは?」と言われ、ヨメサックが自分で手近な形成外科を探し、傷の縫合処置を受けた。

救急隊のアドバイスもあり、はるちゃんの傷跡もほとんど目立たずに手当てできたと報告するカジサック。一方、ヨメサックは愛娘にけがをさせてしまったことを気に病んでいるのか、時折涙で声を震わせつつ、「今でもものすごく後悔しています」。

救急隊の丁寧な対応に感謝しているという2人。今後の動画については、「過去のストック分でははるちゃんの傷が多少目立つかもしれませんが、こういう事情なので気にしないでくださいね」とあらためて説明していた。