5月7日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)のゲストは山口もえ。
夫の爆笑問題の田中とともに、14、11、4歳の3児の子育ての真っ最中。番組ではその生活を赤裸々に語った。

夫は即戦力にはならないけれど…

田中と再婚して7年になるという山口。小柄な田中の身長を14歳の長女は抜き、11歳の長男とはちょうど同じくらいなのだという。

子どもについて「長男は家族に癒しを与えてくれる。長女は家族の規律を正してくれる。次女は家族のお笑い担当」と語る山口。
夫の田中は、ことあるごとに「家族の中で1番ママが大変なんだよ。だからママに協力しようね」と言ってくれるそうで「夫は即戦力にはならないけれど、ちゃんと見ていてくれるのがありがたい」と幸せそうに語った。

(広告の後にも続きます)

家族の行事は100%本気で

家族で節分の豆まきをする映像で山口が演じる迫真の「鬼」を公開。
「私は100%本気で鬼役を演じる」という山口は、田中の鬼について「全く迫力がないですよね。夫は自分を捨ててないんですよ。恥ずかしさが先に来ちゃうの…」と不満そうに語った。

「そうなの?もう一度見せて」と再び映像を見る黒柳。普段はおしとやかな山口の鬼はやはり迫力満点!
山口は「私は全身で鬼を演じているんです!」と自画自賛だ。
「徹子さんから見て、夫の鬼はどうでしたか?」と尋ねられた黒柳は「まぁ、いいんじゃない?でもあなたの方が上手」と笑顔で答えた。