「笑ったあとほうれい線が消えない」 森川葵、“アラサー変化”とともに年齢明かし驚くファン「10代だと思ってた…」

 俳優の森川葵さんが6月17日、27歳を迎えたことをInstagramで報告。アラサーになって感じた変化を明かし、ファンから驚きの声が寄せられています。

 森川さんはレギュラー出演するバラエティー番組「それって実際どうなの課」一同から贈られた、特製バースデーケーキとのショットや、森川さんが運営するYouTubeチャンネル「あおいのおたく」と書かれたカードとともに、スタッフから贈られた“あおい姫”ケーキを手にした笑顔ショットをアップ。

 「笑ったあとほうれい線が消えない つかなかったところに肉がつく 食べたい物を食べ、欲しい物を買い 自由に笑い、幸せだと呟く 皆様の愛情に支えられ30ちょい手前!」とアラサーの変化を表しながら、「どうぞこれからもよろしくです!」と27歳を迎えたことを報告しました。

 この報告に、ファンは「27だったんだ」「10代だと思ってた…」「Astudioの少女がもう27って」「こんなに制服似合う人が27歳なんて信じられないです、、」「ごめんね青春! に出演されていた頃と変わりないですよ」「永遠の女子高生ですな~」と驚愕。「27歳でも制服似合ってるよ!!」「これからも制服着て欲しいです」「もう何歳になっても制服着ててください」と、熱望する声が寄せられました。

 さらに森川さんのデビューのきっかけとなった「セブンティーン」をはじめ、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」や映画「私をくいとめて」で共演していた橋本愛さんからは「え、もう出会って10年は余裕で経つの??? おかしくない???」と新たな類の驚きの声が寄せられ、「賭ケグルイ」で共演した萩原みのりさんからも「お願いだからいつまでもツインテールして~~」と懇願されていました。

 森川さんはこれまでドラマ「ごめんね!青春」や「表参道高校合唱部!」、映画「賭ケグルイ」などで制服姿の女性高校生役を熱演。4月から放送されているドラマ「ナンバMG5」でも女子高生役を務めており、18日に無事クランクアップ。最初は制服を着ることに戸惑ったという森川さんでしたが「ナンバMG5のためならまた制服が着たいです!」とファンからの要望に応えた、熱いコメントを残しました。