堀ちえみ「何十回目の入院となるのでしょう」 下腹部に痛み感じ“炎症反応かなり高く”急きょ

 タレントの堀ちえみさんが6月20日にブログで急きょ入院が決まったことを報告。翌21日のブログでも病状を明かしながら、退院のめどが立たないことを伝えています。

 20日のブログでは、下腹部に痛みを感じて救急にかかったことを伝えていた堀さん。「点滴を受けてからは、フラフラするのは随分とラクになりました」としつつも、「炎症反応がかなり高く、検査も含めて心労・疲労回復のため」入院となったことを明かし予定されていた仕事もキャンセルしたことを明かしていました。

 続くブログでは、炎症の原因となった細菌の種類を調べるため検査続きだと報告。翌21日には「昨日の今頃は、歩けなくて車椅子でした」「血圧も上が66の下が44という」と前日の病状を告白。血圧は普段の数値に戻り、また検査をこなしていくと伝えていました。

 堀さんは2019年に口腔がんを公表。治療に励む一方で4月には食道がんの手術も受け、他に特発性重症急性膵炎、特発性大腿骨頭壊死症、関節リウマチ、神経障害性疼痛などの病も経験していて、「今回は人生で、何十回目の入院となるのでしょう(笑)」と冗談めかして伝えながら「今回もいつ退院できるか分かりませんが…」「この経験も自分の人生に、活かして生きたいです」と前向きにつづっています。

 堀さんのブログには読者から「ゆっくりと過ごされることがお薬」「早く原因が分かって三姉妹さんの元に帰れるといいですね!」とエールが続々と寄せられています。